数字で見る帝国ホテル

TOP帝国ホテルを知る 数字で見る帝国ホテル

帝国ホテルの売上構成を読み解いていましょう。

「おもてなし」「笑顔」「コミュニケーション」といった、 サービス業としてのイメージが先行しがちなホテル業。 もちろん、そうした「現場」へのこだわりは、 帝国ホテルがもっとも大切にしていることのひとつです。 けれども同時に、企業でもある帝国ホテル。 歴史を紡ぎ続けるためにはビジネス的な視点も欠かせません。 ここでは、帝国ホテル東京のおおまかな売上構成を基にお話ししたいと思います。

数字で見る帝国ホテル01

宿泊部門

宿泊部門での売上は全体の約20%です。

ホテルと言えば「宿泊」。
帝国ホテル東京にはさまざまな種類の客室が931室あります。
中には国内外のVIPをお迎えする専用のお部屋も。
毎日世界各国の方が宿泊されますが、その内30%以上は帝国ホテルの会員組織
「インペリアルクラブ」のカードを持つ国内外のお客様です。
お客様視点での設備の改善やサービスの強化による顧客満足の向上が、
この売上を支えているのです。

数字で見る帝国ホテル02

レストラン部門

ホテル館内にある直営レストランでの売上が約20%

帝国ホテル東京には全部で17店舗のレストランとバーラウンジがあります。
その内直営のレストラン5店舗とバーラウンジ4店舗、そしてルームサービスでの売上が
レストラン部門の売上の大部分を占めています。
帝国ホテルが発祥の地である「バイキング」スタイルのレストランは、
帝国ホテル東京では「インペリアルバイキングサール」に引き継がれています。
街中にもレストランが溢れる中、さまざまなジャンルのお店を揃えるだけではなく、
常に時流やニーズを読んだ施策が必要になってきます。
「バイキング」を生み出したレストラン部門では、
帝国ホテルが提供する新しい価値を常に追求しています。

数字で見る帝国ホテル03

宴会部門

売上は全体の30%を支えています。

帝国ホテル東京の売上のうち、最も大きな割合を占めるのが
宴会部門で、約35%を占めます。
大小合わせて26の宴会場で開催されるご宴席を、約240名のスタッフと、音響や設営などのパートナー企業が一体となって一つ一つのご宴席をゼロから作り上げています。
ウエディングも宴会部門の売上のひとつ。帝国ホテル東京では
年間約900~1,000組のご披露宴が行われています。お客様のあらゆるご要望にお応えできるよう、256通りものテーブルコーディネートが選べる婚礼プランをご用意しています。

数字で見る帝国ホテル04

外部事業部門

外販事業部門に携わるスタッフは約60名です。

「ホテルの味をご家庭で」をテーマに、帝国ホテルが開発した商品をホテル館内のショップや、
通販、全国の百貨店などで、販売しています。外販事業部門が扱う商品は1,000点以上。
携わるスタッフは、商品の企画、製造、販売など約60名。
客室や宴会場と異なり、ホテルの商品の中では唯一外に向かって販路を拡大していける部門であり、
売上の伸長とともに、まだ帝国ホテルを利用したことがないお客様に向けたPRも期待できると言えます。

数字で見る帝国ホテル05

不動産事業部門

帝国ホテル東京には、賃貸オフィスとショップテナントがあり、
その家賃収入が不動産事業部門売上の大きな柱となっています。
「ホテル」の仕事とは少し異なるように感じられますが、「帝国ホテル」が提供するにふさわしい
オフィス環境の整備を推進したり、お客様のニーズに合致するテナントの誘致を行うことで、
帝国ホテルブランドの向上にも貢献しています。
不動産事業部門の売上が全体に占める割合は大きくはありませんが、
安定的な収入は、帝国ホテルが変わらぬサービスを提供していくための礎を担っているといっても
過言ではありません。

数字で見る帝国ホテル06

その他

例えば、東京国際フォーラムのケータリング部門の運営を受託していたり、
他のホテルの運営に関するコンサルティングを行ったり、帝国ホテルはホテル館外でも事業を展開しています。
もしかしたら今後、新たな事業が誕生するかもしれません。

 

ホテルであり、企業でもある帝国ホテル。
この情報から、企業としての帝国ホテルにどの様な可能性を見つけることができましたか?
更に興味がある方は帝国ホテルの「IR情報」も読んでみてはいかがでしょうか。