採用を知る 人事部メッセージ

TOP 採用を知る > 人事部メッセージ

帝国ホテルの次なる挑戦に参加しませんか。

帝国ホテルの次なる挑戦に参加しませんか。

人事部長 古谷 厚史

いま、ホテル業界は大きな変革期を迎えています。帝国ホテルも例外ではありません。
すでに「これまで通りのサービスをしていれば、お客様が来てくれる」という提供者側の論理が通用した時代は終わりました。本当にお客様が望んでいるものは何かということを、感性と論理の両面から正確にとらえた上で、お客様との間に真の信頼関係を作り上げることが更なる帝国ホテルの発展につながると考えています。
いま、ホテル業界への就職を考えているみなさん。一人のホテルパーソンとして、質の高いサービスを提供するのは当然のことです。それに加え、一人の企業人として「株式会社帝国ホテル」の未来を真剣に考え、実現に向けて力を発揮できる、そのような人材を求めているのです。

私たちは今、21世紀を勝ち抜くべく新たな帝国ホテルの構築を行っています。百有余年の長い歴史に培われたサービス・マインドを大切にしつつも新たな経営環境に対応した「帝国ホテル」へと変わろうとしているのです。そのチャレンジを共有できる人と私たちは働きたいと思っています。

総合コースご希望の方へ

運営にも経営にも携わりたい人材を求めます。
ホテルへの就職というと、「人と接することが好き」という接客業としての側面だけで捉えられがちですが、総合コースではそれに加えて「株式会社帝国ホテルの経営に関わる」という視点と意欲が求められます。近年、外資系のホテルチェーンを中心に経営部門とオペレーション部門を別会社で行う傾向にありますが、帝国ホテルでは運営も経営も経験していただきますので、ホテルの仕事にトータルに携わりたい人材を求めています。
総合コースで入社された方は、入社後10年間で3部署を目安に経験していただき、オペレーションはもとより経営的な能力を養っていただきます。
接客の最前線から管理部門まで様々な仕事に携われるので、非常に有意義で幅広い経験ができ、今までやったことのないことに興味をもてる人、もっと知ろうというチャレンジ精神旺盛な人なら、きっとやりがいを感じられると思います。
帝国ホテルのスタッフには、お客様に接する時も、裏方でサポートをする時も、自分は今、何をしなければならないか、何が求められているかを考えることができる力が必要です。また、現在のお客様がまだ気づいていない要求や、企業がおかれている社会的な課題について応えるため、短・中・長期的な戦略をたて、実現へ向けて推進していく力も求められます。
総合コースとして入社された方には、今まで培われてきた『帝国ホテルらしさ』をより深く追求すると同時に、時代が求めているものにも柔軟に応え、新しい価値を創造していく、そのような帝国ホテルを一緒に作り上げていって欲しいと考えています。

専門コースご希望の方へ

お客様のニーズを敏感に感じ取り、
その期待を超えるサービスを提供できる人材を求めます。
帝国ホテルは1890年、時の外相・井上馨の提唱と財界の協力により誕生しました。鹿鳴館の隣に海外からの要人をお迎えする迎賓館として開業して以来、日本のホテル業界をリードする存在として、「国際的ベストホテル」を目指し、これまでの歴史を培ってきたと自負しています。帝国ホテルは、その120年を超える歴史を大切にすると同時に、「伝統は革新とともにある」という風土のもと、常に新しいサービスや事業を開拓し革新を進めてまいりました。
時代の変遷とともに、ホテルに求められるものも変わってきています。そのひとつは、お客様の変化です。かつては海外の要人・VIPを対象にしてきた私たちのビジネスが、今後はますます一般のお客様にもシフトしていくことになり、お客様のニーズは多様化していくことと思います。さらに、近年、訪日観光客数が増加していることもあり、世界に通用するサービスを提供する必要性がより高まっています。高品質なサービスを提供し、多くの方にホテルライフを楽しんでいただくことは、業界のリーディングカンパニーとしての使命です。
特に専門コース志望の方には、お客様のニーズを敏感に感じ取り、期待を超えるサービスを具現化できる、あるいはその潜在能力を秘めた方を採用したいと考えています。日本を代表するサービスを世界へ広め、世界に通用するプロフェッショナルを目指したい方、ぜひ応募してください。帝国ホテルは、最高の舞台をご用意してお待ちしております。