ようこそ大自然あふれる山岳リゾート上高地へ

上高地帝国ホテルの過去、現在

上高地の歴史

上高地の歴史

現在では年間120万人もの人々が訪れる日本の山岳リゾート・上高地。
その歴史をご紹介いたします。

年号(西暦) 出来事
明治18年 (1885年) 上高地牧場放牧開始
明治29年 (1896年) 英国人宣教師ウォルター・ウェストンが著書を通じ世界へ紹介
明治32年 (1898年) 明神池が穂高神社の社有地に
明治43年 (1910年) 河童橋初代吊り橋架設
大正4年 (1915年) 焼岳噴火による大正池出現
昭和2年 (1927年) 芥川龍之介の小説「河童」発表。同年、日本新八景 勝景渓谷第一位に選出される
昭和3年 (1928年) 上高地が国の名勝および天然記念物に指定される
昭和8年 (1933年) 上高地ホテル (現在の上高地帝国ホテル) が開業
昭和9年 (1934年) 上高地を含む北アルプスが中部山岳国立公園に指定される
昭和40年 (1965年) 「上高地を美しくする会」発足
昭和50年 (1975年) 県道上高地公園線のマイカー規制開始
昭和52年 (1977年) 上高地帝国ホテル全面改築
平成8年 (1996年) 通年マイカー規制実施
平成16年 (2004年) 観光バス規制開始
平成17年 (2005年) 新「釜トンネル」開通
明治18年 (1885年)
上高地牧場放牧開始
明治29年 (1896年)
英国人宣教師ウォルター・ウェストンが著書を通じ世界へ紹介
明治32年 (1898年)
明神池が穂高神社の社有地に
明治43年 (1910年)
河童橋初代吊り橋架設
大正4年 (1915年)
焼岳噴火による大正池出現
昭和2年 (1927年)
芥川龍之介の小説「河童」発表。同年、日本新八景 勝景渓谷第一位に選出される
昭和3年 (1928年)
上高地が国の名勝および天然記念物に指定される
昭和8年 (1933年)
上高地ホテル (現在の上高地帝国ホテル) が開業
昭和9年 (1934年)
上高地を含む北アルプスが中部山岳国立公園に指定される
昭和40年 (1965年)
「上高地を美しくする会」発足
昭和50年 (1975年)
県道上高地公園線のマイカー規制開始
昭和52年 (1977年)
上高地帝国ホテル全面改築
平成8年 (1996年)
通年マイカー規制実施
平成16年 (2004年)
観光バス規制開始
平成17年 (2005年)
新「釜トンネル」開通

上高地を称賛した人々

上高地を称賛した人々

日本にやってきた英国人宣教師、ウォルター・ウェストンは1896(明治29)年に著した『日本アルプス登山と探検』の中で、自らが登った穂高連峰、槍ヶ岳を称賛し、上高地を広く世界へ紹介しました。

また、芥川龍之介は、何度となく訪れた上高地・河童橋を題材に、小説『河童』を発表しました。

上高地帝国ホテルについて

上高地帝国ホテルについて

上高地の美しい自然を満喫した後は、寛ぎの空間で
ゆったりとしたリゾートライフをお過ごしください。

日本初の本格的山岳リゾートホテル

日本初の本格的山岳リゾートホテル
昭和8年(1933年)、日本初の本格的山岳リゾートホテルとして誕生した上高地帝国ホテル。赤い三角の屋根と丸太小屋風の外観、上高地帝国ホテルのシンボルともいえるロビーラウンジのマントルピースが皆さまをお迎えいたします。

標高1,500mの大自然に囲まれて

標高1,500mの大自然に囲まれて
中部山岳国立公園に指定されている上高地。穂高連峰や梓川、大正池などの大自然に囲まれた上高地帝国ホテルへ通じる県道は、自然保護を目的とし、年間を通してマイカー規制を行っています。お越しの際は公共交通機関をご利用ください。

上高地帝国ホテル豆知識

上高地帝国ホテル豆知識

上高地帝国ホテルにまつわる豆知識をご紹介いたします。

巨大なマントルピース

巨大なマントルピース
ロビーラウンジ内の暖房器具であるマントルピースの重さは650kg、高さは5.1m。
4月下旬から7月中旬、9月中旬から11月営業終了までの期間、17時から「マントルピース点火デモンストレーション」を行っています。

飲用水は天然水

飲用水は天然水
ホテル館内の水は六百山の湧き水を引き込み使用しています。天然水を使用したコーヒーの味わいは格別です。

ホテルロゴの秘密

ホテルロゴの秘密
上高地帝国ホテルのロゴマークは、白樺の新芽をモチーフに、上高地の美しい自然を表現しています。

上高地ホテル周辺の観光・スポット情報

上高地帝国ホテル周辺の観光・スポット情報

穂高連峰や焼岳、梓川、大正池など、時間や季節で表情を変える壮大な景色は、訪れる人々に感動を与えてくれます。

上高地の象徴である河童橋や英国人宣教師 ウォルター・ウェストンを讃えたレリーフは、散策にもぴったりなコースです。

※写真は早朝に発生する大正池の朝靄

上高地帝国ホテルの紹介

上高地帝国ホテルの紹介

客室&レストラン紹介

客室&レストラン紹介

客室紹介
山小屋風の客室から穂高連峰の雄大な景色を楽しめる専用のベランダ付の客室まで様々なタイプの客室をご用意しています。
詳しくはこちら
レストラン紹介
帝国ホテル伝統のフランス料理をご提供するメインダイニングや、山小屋風のカジュアルなレストラン、懐石料理など、信州の素材を使用したメニューの数々をお楽しみください。
詳しくはこちら

施設紹介

施設紹介
ギフトショップでは、上高地帝国ホテル オリジナルグッズや散策に最適な商品をご購入いただけます。
詳しくはこちら

所在地

所在地
上高地帝国ホテルは、長野県松本市にあります。
ゆっくりと自然の中で大切な時間を過ごされたい方にお勧めの旅行先です。
詳しくはこちら