TOP > 内定者メッセージ

内定者メッセージ

このページでは、新入社員の入社前の声をお届けします。

帝国ホテルの第一印象を教えてください

A・Mさん

就職活動を始めた当初は、日本を代表するホテルということしか知りませんでした。しかし、就職活動を進める中で帝国ホテルの社員の方々と出会う度に「ここで働きたい」という想いが強くなりました。
このように思ったきっかけは、ホテルでランチをした際にテーブルを担当してくださった方が、私が就活生ということに気づき、ご好意で自身の就職活動の話や、仕事の話をしてくださったことです。この出来事から、帝国ホテルで働く方々が常にお客様にアンテナを張り、またお客様に対して最大の働きかけをしよう、という心持ちで働いていることを、身をもって感じることができました。

Y・Kさん

帝国ホテルは格式高い厳格なホテルという第一印象でした。しかし、就職活動が進む中で人事の方々や先輩社員と話し、就活生一人ひとりにも誠意をもって対応してくれていることを感じ、厳格であると同時に社員を大切にしている会社だと分かりました。そして、帝国ホテルであれば働きやすい職場環境で、私の夢である世界中の人々に笑顔を届けることができると確信しました。みなさんも会社の人と話す機会を大切に、就職活動に取り組んでください。

就職活動をふりかえって・・

H・Sさん

就活を始めた時、将来何をしたいのか自分でも分かりませんでしたが、だからこそ「視野を広げること」と「自己分析」に注力しました。業界を絞らずインターンや就活セミナーに参加することで、自分が知らない世界を見ることが出来、新たに興味が湧くことも多々ありました。支えとなった多くの就活仲間と出会えたことも自分の財産です。また自己分析は、幼少期から現在までの性格や価値観の変化を書き出し、そのきっかけは一体何なのか、現在までの活動で何を学んだか、それが自分にどのように影響したか、それらを踏まえて将来自分はどうなりたいのかを、ノート2冊分「何故?」を繰り返してひたすら自分と向き合いました。そのお陰で面接でも質問に一貫して答えることが出来ました。

H・Sさん

私は体育会に所属しており、就活との両立に苦労しました。選考に進む企業を、自分が本当に働きたいと思える企業だけに絞ることで時間の削減を図りました。また就活期を通して気を付けていたことはストレスをためないことです。私は、部活の仲間と就活に対する不安や不満を共有することでリフレッシュしていました。こうした機会を意図的に作ることは重要なことだと感じました。最後に、就活のアドバイスは様々なものがありますが、情報を取捨選択して自分のスタイルを確立し、納得のいく就活をしてください。