イベント詳細

企画展示第2弾「日比谷時間 ~緑と歓び、寛ぎを~」を開催

帝国ホテル 東京は、2017年6月に展示スペース「IMPERIAL TIMES ~ONCE AND FUTURE LEGACIES~」を新設いたしました。第2弾は、エンターテインメントの街として花開いた⽇⽐⾕の街と帝国ホテルの歴史を、明治、⼤正、昭和の⽇⽐⾕の街の写真や帝国ホテルに来館された映画スターや音楽家のサイン・エピソードなどとともにご紹介する「日比谷時間 ~緑と歓び、寛ぎを」を開催いたします。

イメージ

期間 

2018年12月25日(火)まで ※予定

場所 

本館1階正面ロビー 特設スペース ※鑑賞無料

デザイン監修 

西本 剛己(明星大学デザイン学部教授、アートラボ・プラス代表)

協力 

博物館 明治村、株式会社 LIXIL

 

 

写真で見る日比谷の移り変わり
1890年に開業した初代帝国ホテルの目の前に日本初の近代式公園として、1903年に日比谷公園が誕生しました。
さらに明治から大正、昭和にかけて、帝国劇場(1911年)、日本劇場(1933年)、東京宝塚劇場(1934年)、日比谷映画劇場(1934年)、日生劇場(1963年)が開場しました。
関東大震災、戦後の復興を乗り越えながら、日本のエンターテインメントの中心として親しまれ、芸術・文化の発信地として未来に向けて発展していく街の移り変わりを写真で紹介しています。

イメージ

 

帝国ホテルに来館された著名人の写真

 

初代料理長 吉川兼吉による約100年前のレシピブック(複製)

 

 

【お問い合わせ先】
帝国ホテル 東京 ホテル事業統括部営業企画課
TEL.(03)3539-8240 (10:00~17:00 ※土日祝日を除く)