お知らせ

ホテルマーガリン&ピーナッツクリーム...美味しいパンのお供は帝国ホテルにあり!

パンのお供におすすめのスプレッド

帝国ホテルには「ホテルマーガリン」や「ホテル ピーナッツクリーム」など、パンに塗るオリジナルのスプレッドが充実しています。ご好評をいただいているロングセラーの3商品と、実はパンのスプレッドとしてもおすすめの「チョコレートドリンク」をご紹介します。


▶ 帝国ホテルオンラインショップはこちらから

パンの美味しさを引き立てる、帝国ホテルの3大スプレッド

帝国ホテルマーガリン・発酵バター・ピーナッツクリーム

「ホテルマーガリン」と「ホテル ピーナッツクリーム」「帝国ホテル特選 発酵バター」は、帝国ホテルのスプレッドの3大ロングセラー 。長年愛されるその美味しさは、良質な素材と丁寧な製法によってつくりあげられています。お好みのスプレッドを揃えて使い分ければ、日頃お召し上がりになっているパンをさらに美味しくお楽しみいただけることでしょう。

45年以上愛され続ける味。初代総料理長 村上信夫監修、風味豊かな「ホテルマーガリン」

帝国ホテルマーガリン

1976年、初代総料理長 村上信夫の時代に誕生した帝国ホテル「ホテルマーガリン」は、「誰もが納得する味」を目指して開発されました。紅花油(サフラワー油)を中心とする高級原料を配合したマーガリンは、その後、さまざまな改良を重ねて現在に至っています。1996年にはトランス脂肪酸含有量の低減のために配合を見直し、2004年には香料の使用を止めて発酵乳の風味を活かす製法に変更。2006年には主原料の紅花油をハイオレイック(高オレイン酸)タイプの紅花油に切り替えるなど、より健康に配慮した製品への進化を遂げてきました。上質な素材を活かしたマーガリンはバターのように風味豊かで、冷蔵庫から出したばかりでも柔らか。どんなパンにもマッチする美味しさに加え、その使い勝手のよさでもご好評をいただいている、健康に寄り添ったスプレッドです。

数種類のピーナッツをブレンド。焙煎で香りと風味を引き出した「ホテル ピーナッツクリーム」

ホテルピーナッツクリーム

帝国ホテル「ホテル ピーナッツクリーム」は、焙煎した数種類のピーナッツをブレンドすることで、ピーナッツ独特の香りと風味を引き出した人気商品。なめらかな口当たりは、原料をミクロンレベルまで細かくすることで実現しています。ピーナッツのコクのある風味は、きつね色に焼いたトーストの香りとの相性抜群。パンのお供としてだけでなく、洋食のソースや和食の和え物、さらには「バンバンジー」などの中華料理のタレの材料としてもご活用いただけます。商品の製造をしている帝国ホテルキッチンのホームページでは、おすすめレシピの一例をご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

https://www.imperialkitchen.co.jp/recipe-peanuts-index

深いコクとほどよい酸味が調和。チャーン製法でつくられた「特選発酵バター」

特選発酵バター

クリームに乳酸菌を加えて発酵させたものを練り上げた「帝国ホテル 特選発酵バター」は、深いコクとほのかな酸味が特徴です。帝国ホテル 東京のレストランでは以前から料理に発酵バターを使用していましたが、2000年代のグルメブームに伴い、一般のご家庭でも発酵バターを使う方々が増えてきました。そこで2007年に発売したのがこちら。二代目総料理長 田中健一郎が監修したホテルブランドの発酵バターとしては日本初の商品です。北海道産の良質な生乳からつくったクリームに乳酸菌を加えて発酵させ、「チャーン製法*」と呼ばれるヨーロッパの伝統製法でじっくりと練り上げています。まろやかな酸味と香り、なめらかな舌触りは、まさに乳酸発酵とチャーン製法の賜物。酵母を使って発酵させたパンに塗ると、パンとバターそれぞれの発酵の香りが同調し、お互いの風味を引き立て合います。例えば、ホテルショップ「ガルガンチュワ」で販売している自家製酵母種を使用した「パン・オ・ルヴァン」は、発酵バターとの相性を堪能できるパンです。発酵バターは加熱すると風味と酸味が一層引き立つため、トーストには焼きたての熱いうちに塗ってお召し上がりいただくのがおすすめです。

チャーン製法...バターチャーンと呼ばれる箱型の攪拌機にクリームを入れ、水分と脂肪分に分け、脂肪分をかためてバターの塊をつくる、古くから受け継がれているバター製法です。

実はスプレッドとしても楽しめる「チョコレートドリンク」

ミルクを加えるだけで楽しめる「チョコレートドリンク」

「チョコレートドリンク」は、ミルクを加えるだけで本格的なチョコレートドリンクが楽しめるペーストです。ミルクで5倍に希釈すると香り豊かなチョコレートドリンクができますが、実は帝国ホテルのスタッフの間では希釈せずにそのままパンに塗る楽しみ方も人気なのです。

「チョコレートドリンク」をパンと一緒に

例えば軽くトーストしたブリオッシュにバニラアイスを挟み、チョコレートドリンクをさっとかけてコーンフレークをトッピングすれば、写真のようなデザート感覚の「ブリオッシュサンド」のできあがり。フルーツサンドの材料や、アイスクリーム、ホットケーキ、クレープなどのトッピングにも、手軽にご利用いただけます。

今回ご紹介した「ホテルマーガリン」「ホテルピーナッツクリーム」「帝国ホテル特選 発酵バター」「チョコレードドリンク」の4種類は、いずれも帝国ホテルが美味しさを追求して開発したオリジナル商品です。パンのお供として、ぜひお試しください。

撮影/升谷玲子(studio Bloom Room)
スタイリング/渡辺陽子
文・
編集/小松めぐみ

▶ コラムTOPはこちら



マイインペリアルご登録者限定のご優待券の他、季節のお知らせや最新情報をメールにてお知らせいたします。