SKIP
歴 史 に ふ さ わ し く
未 来 に ふ さ わ し く
More Imperial than ever 130th
おかげさまで帝国ホテルは2020年11月3日に130周年を迎えます。 おかげさまで帝国ホテルは2020年11月3日に130周年を迎えます。

帝国ホテル

帝国ホテル 130周年記念 IMPERIAL HOTEL 130TH ANNIVERSARY
帝国ホテル 130周年記念 IMPERIAL HOTEL 130TH ANNIVERSARY
帝国ホテル 130周年記念 IMPERIAL HOTEL 130TH ANNIVERSARY
帝国ホテル 130周年記念 IMPERIAL HOTEL 130TH ANNIVERSARY
帝国ホテル 130周年記念 IMPERIAL HOTEL 130TH ANNIVERSARY
帝国ホテル 130周年記念 IMPERIAL HOTEL 130TH ANNIVERSARY
帝国ホテル 130周年記念 IMPERIAL HOTEL 130TH ANNIVERSARY
帝国ホテル 130周年記念 IMPERIAL HOTEL 130TH ANNIVERSARY

130周年への思い

More Implerial than ever 130th
歴史にふさわしく 未来にふさわしく

帝国ホテルは1890年の開業からおかげさまで130周年を迎えます。
その歴史は、挑戦の連続でした。
日本の迎賓館として誕生したその使命に違うことなく
そして新たな時代に向き合い
未来に向かって挑戦し続けます。
More Imperial than ever.

130周年記念プラン

日比谷ぐらし

日比谷ぐらし

まるで日比谷に暮らすように帝国ホテル 東京に1週間滞在する、長期滞在宿泊プランです。お客さまの希望を叶え、ホテルでの暮らし方を「オーダーメイド」する、開業130周年記念商品です。
価格:130万円~(サービス料・消費税・宿泊税込)
 ※7泊8日 2名様ご利用1室料金
販売開始:2019年11月5日
宿泊受付:2019年12月5日~2021年2月28日

お問い合わせ先:ホテル事業統括部 営業企画課
 TEL:03-3539-8240(10:00~17:00)※土・日・祝日を除く。

Stay at the Imperial

Stay at the Imperial 2泊3日ご宿泊プラン

ご滞在中、心ゆくまでお寛ぎいただける、お食事付特別ご宿泊プランをご用意いたしました。目的に合わせてお選びいただけるオプションサービス付です。

プレミアムパスポート 130

インルームダイニングで楽しむスイートステイ

日比谷公園の眺望が望めるプライベートダイニング付きのスイート(115㎡)にて、東京料理長 杉本 雄が書き上げる特別ディナーおよびご朝食をお楽しみいただく宿泊プランです。

プレミアムパスポート 130

プレミアムパスポート 130

お客さまのお好みに合わせて商品を組み合わせていただける、最大200万円以上相当のプレミアムパスポートを販売いたします。
皆さまに帝国ホテルを存分にお楽しみいただけますよう、本商品限定のプランも多彩にご用意しております。
価格:130万円(サービス料・消費税・宿泊税込)


※本商品は2020年1月31日をもちまして、販売を終了いたしました。

その他のプラン

お客さまとともに選ぶ帝国ホテル開業130周年記念カクテル
開業130周年記念カクテル

社内選考で厳選した5作品の中より、お客さまに高評価をいただいたカクテルを「開業130周年記念カクテル」に決定いたしました。

130周年 記念商品
開業130周年記念商品

フランス産発酵バターを使用したバターサブレの他、ボンボン ショコラのリニューアルなど新しい商品をお届けいたします。

帝国ホテルの歴史

  • 1890
    11.03
    「日本の迎賓館」として「帝国ホテル」開業
  • 1910
    02.25
    ホテル初の郵便局開設
  • 1911
    日本初のランドリーサービスを導入
  • 1923
    09.01
    フランク・ロイド・ライトが設計した「ライト館」が開業
    ホテルではじめてウェディングサービスを開始
  • 1933
    10.06
    日本初の本格的山岳リゾートホテルとして「上高地帝国ホテル」を開業
  • 1958
    08.01
    バイキングスタイルの「インペリアルバイキング」開店
  • 1996
    03.15
    「水・緑・花そして光と影」をテーマに「帝国ホテル 大阪」開業

時代の波は、バイキングを進化させるチャンスでした。

「好きなものを好きな時に好きなだけ」楽しめるバイキングスタイルは、1958年に帝国ホテルで始まりました。その後、“バイキング”はその言葉とともに新しい食文化として日本全国に広まっていきました。
日本にバイキングを紹介したホテルとして、新しい時代にふさわしい、よりお楽しみいただけるサービスを提供したい。その思いを胸に、8月1日のバイキングの日(日本記念日協会に登録)に、ブフェレストラン「インペリアルバイキング サール」は生まれ変わりました。安全の徹底はもちろん、出来立ての料理をお届けすることにこだわりました。音や香りを楽しめるように、料理人がお客さまの前で料理を仕上げる工夫も。「五感で楽しむオーダーバイキング」という新しいスタイルへの挑戦です。どんな波も超え、舵を切って進もう。新しいバイキングに込めた思いまで、味わっていただけますように。

スタッフ一人ひとりが真剣に向き合いました。

2020年4月から5月にかけての約2か月間、緊急事態宣言が発動され、帝国ホテルは大幅に営業を縮小しました。多くの従業員が自宅待機をする中、突如、一通のメールが全従業員約2500名のもとに届いたのです。
タイトルは、「帝国ホテルで働く皆さんへ」。送信者は社長の定保でした。
「お客さまに安心してご来館いただけるアイデアを募りたい」という内容を受け、一週間で集まったアイデアの数は、5473件。
「何か今の私たちに出来ることはないか」「もっとできることがある」「今こそ変わらなければならない」―――開業以来、様々な逆境を超えてきた原動力は、どんな時もスタッフ一人の自分たちで何とかしたいという思いでした。私たちは、それを「現場力」と呼んでいます。これからも、130年間紡がれてきた変わらぬ心と共に、お客さまをお迎えします。

できることを徹底的に行う。帝国ホテルの文化です。

「安全性の追求」は、帝国ホテルのすべての経営方針において土台となる重点項目です。お客さまの安全・安心のためにできることを徹底的に行う。それは今年で130周年を迎える帝国ホテルに連綿と受け継がれてきた文化でもあります。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため生活習慣が変わる中、その姿勢はより強くなっています。飛沫防止のためマスクやフェイスガードを着用するほか、アクリル板を設置する。こまめにアルコール消毒を実施する。それらの日々の基本的な対策を、確実にコツコツと行います。安心しておくつろぎいただくためには、お客さまにご協力いただくこともあると思います。
このような時だからこそ、帝国ホテルは今できることを万全の態勢で徹底してまいります。

これからの100年も、美味しくあり続けるために。

帝国ホテルの開業以来受け継がれるフランス料理。食材を取り巻く環境は時代とともに変化しています。例えば、オムレツ。卵ひとつをとっても、130年前と今では味も鮮度も同じではありません。また、食材だけでなく食文化やお客様の味覚も多様化していきます。そんな、時代の変化に合わせて、帝国ホテルの確かな味を守りながらも、時代に合わせて変えていくこと。それが、私たちの使命であると考えています。歴史にふさわしく、未来にふさわしく。若き新料理長とともに、約450名の料理人の挑戦は続きます。

真紅のバラと光のバラがお迎えします。

冬が訪れるとロビーに飾られる約1000本の真紅のバラ。この季節の定番となった赤いバラは毎年少しずつ異なったアレンジを加え、訪れる方をお迎えします。そして、ロビーには一年を通じてお客様をお迎えするバラがもう一種類あるのをご存じでしょうか。
それは、天井で輝くシャンデリアの「ゴールデンローズ」です。368枚のガラスを組み合わせて作られた金色のバラは、あたたかな光でロビーを照らしています。変わらない光でロビーを照らす金色のバラと、毎年装いを変えてお客様をお迎えする真紅のバラ。それは、時代を超えても変わることのない想いと、日々心新たにお客様に向きあう姿勢の象徴でもあります。この2つの心を大切に、帝国ホテルはお客様をお迎えして参ります。

記念インタビュー~受け継がれる想い~