ABOUT
IMPERIAL HOTEL

伝統は常に、
革新とともにあります

1890年11月3日、帝国ホテル開業の日。
創業者のひとりであり、当時会長の職にあった渋沢栄一は、
「用命があれば世界のどんなものでも調達して便宜を図る。
これこそ帝国ホテルが自身の果たすべき役割と心得、絶対に譲らないところだ。」と語りました。

長い歴史の中で、国内外のお客様を魅了し、世代を超え語り継がれてきた帝国ホテル。
伝統を守りながら時代とともに進化を続けてきたそのわけは、
「どのようなお客様のご要望にもおこたえしたい」という、開業から受け継がれた想いです。

1890

帝国ホテル開業

欧米との対等な関係を築くために
誕生した「日本の迎賓館」

明治維新の混乱も落ち着き、明治政府が、近代国家としての地位を築こうとしていた頃。十分な宿泊施設もなく、これでは、対等な外交関係などつくれない。そんな危機感を抱いた政府や財界人たちは、外交施設「鹿鳴館」の隣にホテル建設を計画。そうして誕生したのが「帝国ホテル」です。国の威信をかけ、外交の拠点のひとつとして活用された帝国ホテルは、「日本の迎賓館」という役割を担い、その歴史を歩み始めました。

1911

ランドリーサービスの導入

日本初のホテル内ランドリーサービスで
宿泊客の衣類を洗濯

開業以来、海外から船で来日する宿泊客が多かった帝国ホテルでは、溜まった衣類を洗濯できるサービスがあれば便利ではないかと考え、ホテル内にランドリーを設置しました。ボタンが外れていないか、シミはないか。ランドリーには、200種類以上のボタンが常備され、シミ抜きやアイロンがけの職人たちがスタンバイしています。世界各国の素材や民族衣装など、あらゆる衣類を知り抜いたランドリーサービスは、導入から100年経ったいまでも高い評価を受けています。

1923

ショッピングアーケード

ホテルに滞在しながら
買い物ができるアーケードを開設

銀座が今のようなショッピング街ではなかった頃。雨風をしのげるホテル内で買い物ができるようにと生まれたのが、ホテル直結のショッピング街「アーケード」。これが、今や商店街を表す言葉として全国に広がったアーケードの発祥です。軒を連ねたのは宝石店をはじめ、国産品をおもに扱う約20軒の店舗。ここには「日本の真価を世界に紹介する」という強い信念がありました。このこだわりは、マリリン・モンロー、ベーブ・ルース、フランク・シナトラなど海外のゲストたちの心も虜にしたと言われています。

ライト館開業

新たな文化の発信地

1923年に完成した帝国ホテル2代目本館 通称「ライト館」。日本建築史上最高傑作とも讃えられた、幾何学的な装飾と美しい空間構成を手掛けたのが、近代建築家のひとりと呼ばれ、20世紀を代表する米国人建築家 フランク・ロイド・ライトでした。開業レセプション当日に見舞われた関東大震災を乗り越えたライト館は、後に「東洋の宝石」と称されるまでになり、大正から昭和にかけて、ジャズやダンス、演劇など、社交の中心としてエンターテインメント文化の発信地として、海外からの賓客も多く訪れました。

そして、お客様への想いから生まれた
ホテルウエディング

ホテルウエディング

日本で初めて「ホテルウエディング」の
文化を生み出す

自宅や神社での婚礼が主流だった当時、関東大震災により、多くの神社仏閣が焼失したため、ホテル内に神社を設置し、挙式と披露宴をひとつのホテルの中で行うスタイルを誕生させました。これが、ひとつの建物の中で挙式と披露宴を行う日本のホテルウエディングスタイルの原型になったと言われています。伝統を受け継ぎながら、時代にあわせたウエディングを提案し、現在まで多くのご新郎ご新婦の幸せな一日をつくりあげています。

1958

バイキング

好きなものを好きなように食べる
「バイキング」スタイルの提案

スモーガスボードと呼ばれる北欧の伝統的な食のスタイル。
これをルーツとして、「好きなものを、好きなように食べる」というテーマで誕生したのが、ブフェレストラン「インペリアルバイキング」です。この「バイキング」という名前は、北欧の海賊が登場する映画からとったもの。その後、「バイキング=食べ放題の代名詞」として、日本中にこのスタイルのレストランが広まりました。2008年、オープン50周年を記念して8月1日を「バイキングの日」と制定。長きにわたり、楽しさと美味しさあふれる食の時間を提供しています。

1975

エリザベス女王陛下ご来日

女王陛下を魅了した美しい一皿

1975年に、英国のエリザベス女王陛下とフィリップ殿下が来日された時のこと。おふたりは帝国ホテルの「富士の間」で開かれた日英協会主催の午餐会に出席されました。女王陛下が日本と同様に魚介に恵まれた島国で生まれ育ち、魚介がお好きと伺った当時の料理長は、津軽海峡の舌平目と熊本の車海老を用いたメニューを考案。女王陛下は、午餐会で何一つ残さず綺麗にお召し上がりになられ、後に英国大使館を通して、陛下のお名前を料理に冠することを承諾されました。そのメニューこそが現在ウエディングメニューとしても愛され続ける「車海老と舌平目のグラタン“エリザベス女王”風」です。

2012

IMF・世界銀行年次総会メイン会場

まさに、世界ビジネスの最前線
帝国ホテルが日本のおもてなしを発信

2012年、東京でIMF・世界銀行年次総会が開催されました。世界でも最大規模の会議であると同時に、東日本大震災からの復興を世界へアピールする使命を担う歴史的大舞台。準備期間はわずか1年半という状況の中、帝国ホテルが財務省からメイン会場としての打診を受けました。そして6日間の会期中、各国の財務大臣や中央銀行総裁といった要人をはじめ、公式参加の188ヶ国から約1万人、さらには警備や報道機関の関係者を含めると、約2万人もの人々を、国の代表としておもてなししたのです。

受け継がれてきた伝統と品格、
お客様の想いとともに進化するサービス。
いつの時代も変わらない
心あたたまるおもてなし。

そして、これからも。
帝国ホテルだから叶えることができる
ウエディングがあります。

  • お電話でのご予約・お問い合わせ
  • TEL : 03-3539-8558
    (ウエディング担当)
  • TEL : 03-3539-8558
    ( ウエディング担当 )
  • 10:00~19:00 水曜定休( 祝日を除く )
    12/28(土)~1/2(木)休業

ウェブでのご予約・資料請求・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ
RESERVATION & CONTACT
お電話でのご予約・お問い合わせ
10:00~19:00 水曜定休( 祝日を除く )
12/28(土)~1/2(木)休業

TEL : 03-3539-8558
( ウエディング担当 )

ウェブでのご予約・資料請求・お問い合わせ
FAIR INFORMATION
フェア一覧
REQUEST
資料請求
CONTACT US
お問い合わせ
RESERVATION
来館予約
ぺージ先頭へもどる