帝国ホテル 食の系譜

帝国ホテル 東京は、開業125周年企画として、開業以来受け継がれてきた伝統を、現在のシェフたちが新たに現代の味覚としてお届けするレストラン催事『帝国ホテル食の系譜』を、9月1日(火)から11月1日(日)まで開催します。
1890年11月3日、帝国ホテルは、明治政府の要請を受け、海外からの賓客を迎える本格的西洋式ホテルとして開業。以来、正統派のフランス料理を提供する場としての歴史を培ってきました。『帝国ホテル 食の系譜』では、その歴史の中で育まれたさまざまな料理にスポットを当て、現在の帝国ホテルのシェフたちが、現代にふさわしい調理法や食材を使用し、伝統のメニューを新たなアプローチでご提供する企画を主な内容として、館内のレストランとラウンジ、バー 6店舗で開催します。


『帝国ホテル 食の系譜』概要

販売開始:2015年9月1日(火)~11月1日(日)
対象店舗:
ラ ブラスリー(帝国ホテルタワー地下1階)
パークサイドダイナー(本館1階)
インペリアルバイキング サール(本館17階)
インペリアルラウンジ アクア(本館17階)
オールドインペリアルバー(本館中2階)
ランデブーラウンジ・バー(本館1階)

※「ラ ブラスリー」は9月16日(水)~11月1日(日)
※料金はすべて、消費税込、サービス料別
※食材の都合により、メニュー内容等が変更となる場合がございます

詳しくは、PDFにてご覧ください。 (2015年08月27日・PDF720.5 KB)