直営4 ホテルすべてでエコマークを取得

 株式会社帝国ホテルは、財団法人日本環境協会エコマーク事務局が制定するエコマーク商品類型No.503「ホテル・旅館」において、帝国ホテル東京をはじめとする直営の4 ホテルで、本年6 月24 日にエコマークを取得しました。「ホテル・旅館」の認定としては3 件目、ホテルグループとしてエコマークを取得するのは国内初となります。

 

 

直営4 ホテルすべてでエコマークを取得

 エコマークは環境への負荷が少ないなど、環境保全に役立つと認められる商品やサービスにつけられるラベルの呼称で、消費者が暮らしと環境の関係を考える上で、環境保全の面でより良い商品を選びやすくすることを目的としています。

 

 エコマークの「ホテル・旅館」認定基準では、廃棄物削減・省エネ・節水・グリーン購入といった一般的な環境配慮に加えて、利用者が滞在中に"エコ"を体感できる環境コミュニケーション活動をはじめとする多岐にわたる基準が設定されています。また、お客様の負担や最新設備の導入に重きを置くのではなく、日常の業務改善により環境負荷低減につなげることができる項目が多く盛り込まれており、食材あるいは観光情報などについても環境に配慮したものを提供するなど、エコと顧客満足が高いレベルで両立されていることも取得条件の重点項目です。

 

 これらの基準を満たすためには、環境活動に取り組む運営体制がきちんと整っていることが求められます。このため、エコマーク認定ホテル・旅館は環境のみならず、サービス全般にも管理が行き届いているといえます。

 

認定基準概要: http://www.ecomark.jp/hotel/about/

 

 当社は、本年5 月に直営の帝国ホテル東京、帝国ホテル大阪、上高地帝国ホテルおよびザ・クレストホテル柏についてエコマークの認定を申請し、書類審査や各ホテルの現地確認、委員会による審査を経て、6 月24 日に4 ホテルすべてで認定されました。

 認定にあたっては、各審査項目で条件を満たしていたことに加え、客室から出たごみのバックスペースでの分別など、宿泊客に見えないところで非常に細かいごみの分別回収ができている点、各ホテルで環境活動の普及啓発に向けた情報発信を積極的に行い、全社体制で環境活動を推進している点が評価されました。

 

 【ご参考・各事業所の客室数と所在地】

帝国ホテル 東京(931 室) 東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテル 大阪(381 室) 大阪府大阪市北区天満橋1-8-50
上高地帝国ホテル(74 室) 長野県松本市安曇上高地
ザ・クレストホテル柏(87 室) 千葉県柏市末広町14-1

 

 

詳細はPDFにてご覧ください。 (2016年06月27日・PDF165.5 KB)