『京の夕べ ~祇園甲部・先斗町・上七軒~』を開催

帝国ホテル大阪では、京都の祇園甲部(ぎおんこうぶ)、先斗町(ぽんとちょう)、上七軒(かみしちけん)の芸舞妓による伝統舞踊の共演を、和洋折衷のお食事とともにお楽しみいただく、恒例の『京の夕べ』を、2016年6月23日(木)に開催いたします。

19 回目を迎える今回も、京都を代表する三つの花街の芸妓、舞妓が一堂に揃い、伝統と格式ある舞を披露し、目にも艶やかで豪華な一夜をお楽しみいただけます。

 

過去の「京の夕べ」の様子

 

『京の夕べ』は、京都の四季の恒例行事で知られる、祇園甲部・先斗町・上七軒の芸舞妓が一堂に揃う艶やかな催しです。

祇園甲部歌舞練場で毎年開かれる「都をどり」(祇園甲部)をはじめ、 先斗町の「鴨川をどり」、上七軒の「北野をどり」は、それぞれ京都の四季を告げる象徴的な恒 例行事として広く知られており、これらの三つの花街の舞台を揃ってお楽しみいただけるのは大変貴重な機会となります。

さらに、花街ごとに足運びや細かなしぐさなどに特徴があり、それぞれの踊りの違いも見比べられることも見所のひとつです。また、最後の演目<祇園小唄>では、三つの花街の競演を観ることができるのも『京の夕べ』ならではの醍醐味です。 舞台をお楽しみいただく前には、お食事をご用意しております。芸妓、舞妓による会場でのお出迎え、お食事中の写真撮影など、優雅なお座敷気分をお楽しみいただけます。

 


【開催概要】


<日時>2016年6月23日(木) 

<開演>19:15~

<会場>孔雀の間(3階)

<料金>お1人様 23,000円(お料理・お飲物付。サービス料・消費税込)


【ご予約・お問い合わせ先】

帝国ホテル 大阪 宴会イベント係

TEL. (06)6881-4650(10:00~20:00)


イベント「京の夕べ」についての詳細はPDFよりご確認ください。 (2016年05月11日・PDF267.7 KB)