帝国ホテル 東京 タワー館のすべての客室改修が完了

 帝国ホテル 東京は、タワー館20 階、21 階の客室の改修を終え、2016 年4月9日(土)より販売を開始します。これにより、タワー館のすべての客室(20~31階、全361室)の改修を完了いたしました。

 

 

 帝国ホテル東京では、観光を目的とした外国人個人客の更なる集客を目指し、2015 年1月よりタワー館の定期改修工事に伴う客室改修を実施しており、最上階2フロア(30・31 階)の特別階「プレミアムタワーフロア」の改修(2015 年4 月16 日 販売開始)を皮切りに、上層階より順次実施してまいりました。そして、この度20 階、21 階を最後に、タワー館客室のすべての改修が完了いたしました。

 

 改修の第一弾となった最上階部分の30・31 階は、特別階と位置づけ、名称を「プレミアムタワーフロア」(58 室)といたしました。このフロアだけのサービスとして、滞在中のお世話をする専任のゲストアテンダントを設置するほか、朝食(コンチネンタルブレックファスト)を無料でルームサービスにてご提供し、また、タワー館の20 階にあるフィットネスセンターとプール、サウナも無料でご利用いただけるようにいたしました。

 また、タワー館全客室において、高層階の特性を生かし、皇居や日比谷公園、あるいは銀座の夜景といった眺望をお楽しみいただけるレイアウトを採用いたしました。インテリアは重厚感のある本館客室との差別化を図り、家具やテキスタイル類を軽やかな形や色でまとめ、開放的な空間となるよう工夫をしています。
 設備面では、外国人客の増加に対応するべく、ベッド脇に多言語コントロールパネル(10種類の言語に対応)を設置しました。

 さらに、二世代、三世代のご家族やグループでご滞在しやすいよう、これまで21~25階に設置されていたスタンダードタイプ同士のコネクティングルーム(1)20室(10組)に加え、26~30階までの各フロアにも、パーラー(2)付のスイートとスタンダードタイプ(もしくはスーペリアタイプ)をつなぐコネクティングルームを新たに20室(10組)導入し、計40室(20 組)に倍増させました。

(1) 隣合った2つの部屋が室内ドアで行き来できる客室
(2) ソファーセットのあるスペース

 

帝国ホテル 東京 タワー館

 

 

 

 

 

 

タワー館スイート ベッドルーム

 

帝国ホテル 東京 タワー館


  

 

 

 

 

タワー館スタンダードルームからの景色

 

 

 帝国ホテルタワーは、1983年(昭和58年)、日本初のホテル、オフィス、ショップの複合ビルとして「インペリアルタワー」の名称で開業しました。地下1 階がレストラン、1 階から4 階が商業施設「帝国ホテルプラザ」、5 階から18 階がオフィス、20 階から31 階が帝国ホテル東京の客室、およびフィットネスセンター、プール、サウナとなっています。

 

 タワー館客室の概要は次の通りです。

 

■帝国ホテル 東京 タワー館客室 概要
客室数: 361室(20階~31階)
料金:※サービス料・消費税別、宿泊税別

≪プレミアムタワーフロア(30階、31階)58室≫

名称 室数 1名利用 2名利用

スーペリア

50 50,000円 53,000円
プレミアデラックス 2 85,000 円
スイート 6 130,000 円~250,000 円

 

≪レギュラーフロア(20 階~29階)303室≫

名称 室数 1名利用 2名利用

スタンダード

281 42,000円 45,000円
プレミアデラックス 9 75,000円
スイート 13 100,000円~120,000円

 

内 容:


◆タワー館全客室共通
(1)眺望を楽しむ客室レイアウト
皇居や日比谷公園、あるいは銀座の街並みといった高層階ならではの眺望をお楽しみいただけるよう、窓のそばに座り心地のいい椅子とテーブルを配置しました。ご朝食や読書、パソコンを使用した執務などにも最適です。


(2)多言語対応コントロールパネル
ベッド脇に設置した、カーテンの開閉や室温・照明の調整をするコントロールパネルは、10 種類の言語(日本語・英語・中国語(簡体字)・中国語(繁体字)・韓国語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・ロシア語・アラビア語)で操作を表示します。機能性の高い読書灯も設置しました。

 

◆プレミアムタワーフロア
(1)朝食(コンチネンタルブレックファスト)をルームサービスにて無料でご提供
ホテルベーカリーで毎朝焼き上げるパン(クロワッサン、ブリオッシュ3 種類)とコーヒー(または紅茶)、ジュースをセットにしたコンチネンタルブレックファストを客室に無料でお届けします。卵料理なども別途特別料金で追加することが可能です。


(2)フロア専任のゲストアテンダント
館内外のご案内やレストランのご予約、荷解きや靴磨きサービスなど、専任のゲストアテンダントが滞在中のさまざまなご要望にお応えします。ご到着時や夕食前(17:00-19:00)のドリンクサービスも担当します。


(3)フィットネスセンターの使用料が無料
タワー館20 階にある、ご宿泊者専用のフィットネスセンター、プール、サウナを無料でご利用いただけます(通常料金2,160 円)。
フィットネスセンター  05:00~22:00(最終受付21:30)
プール          06:00~22:00(最終受付21:30)
サウナ          07:00~22:00(最終受付21:30)


(4)プライベートバー
冷蔵庫内のソフトドリンクを無料でご利用いただけます(アルコール、スナック類、追加分は有料)。

 

 

『帝国ホテル 東京 タワー館のすべての客室改修が完了』についての詳細は、PDFでもご覧いただけます。 (2016年04月07日・PDF1.5 MB)