アラン・パッサールとティエリー・ヴォワザンの 華麗なる饗宴

 帝国ホテル 東京は、世界中で名を馳せる料理人、アラン・パッサール氏を招き、「レ セゾン」のシェフを務めるティエリー・ヴォワザンとのコラボレーションでディナーをお届けする『アラン・パッサールとティエリー・ヴォワザンの華麗なる饗宴』を、本館中2 階フランス料理「レ セゾン」において、3 月14 日(水)および3 月15 日(木)に開催いたします。(協力:ビルカール・サルモン)

 

アラン・パッサール氏と「レ セゾン」シェフ ティエリー・ヴォワザン

"炎の彫刻家"アラン・パッサール氏(左)と
「レ セゾン」シェフ ティエリー・ヴォワザン(右)

 

 『アラン・パッサールとティエリー・ヴォワザンの華麗なる饗宴』は、アラン・パッサール氏とティエリー・ヴォワザンとのコラボレーションで生み出される料理を、シャンパーニュ・メゾン「ビルカール・サルモン」の特別記念ラインナップとのペアリングでご堪能いただく催しです。なお、3 月15 日(木)にはビルカール・サルモン200 周年を記念した希少なシャンパーニュ「Cuvée200」をご提供します。

 

詳細は以下の通りです。

アラン・パッサール(Alain Passard)
1986 年パリにレストラン「アルページュ」をオープン。翌年に一つ星、1988 年には二つ星を獲得。開店後わずか10 年目の1996 年には三つ星を獲得した。"肉の魔術師"と呼ばれ、加熱調理の名手としてその名を馳せていたが、2000 年ごろ自身の菜園を持ち野菜料理のスペシャリストとなった。あらゆる芸術に深い造詣があり、自らを"a sculptor of the flame"(炎の彫刻家)と称する。

ティエリー・ヴォワザン(Thierry Voisin)
1 5 歳から料理人としてのキャリアをスタート。フランス・シャンパーニュ地方を代表する名店「ボワイエ・レ・クレイエール」のオーナー、ジェラール・ボワイエ氏に師事し、その後「レ・クレイエール」のシェフに就任。卓越したセンスで織り成す料理は評価が高い。2 0 0 5 年より帝国ホテル東京「レ セゾン」のシェフを務める。

 

ビルカール・サルモン(BILLECART-SALMON)ビルカール・サルモン
1818 年創立のシャンパーニュ・メゾン。ガストロノミーシーンを牽引するシャンパーニュメゾンとして世界の美食家から支持を得ている。20 世紀のBest シャンパーニュBest1、2 を独占し、その品質を世界が認めた。今年で創立200 周年。

 

■ 『アラン・パッサールとティエリー・ヴォワザンの華麗なる饗宴』概要

日 時 : 3 月14 日(水) 17:30~22:00(ラストオーダー)
    3 月15 日(木) 19:00~
場 所 : フランス料理「レ セゾン」(本館中2階)

レセゾン店内
料 金 : お一人様 83,000 円(消費税込・サービス料別)
    お飲み物付き(シャンパーニュ「ビルカール・サルモン」ペアリング)
※15 日はビルカール・サルモン200 周年を記念した「Cuvée200」をお楽しみいただけます。食事の内容は14 日と同じです。

協 力 : ビルカール・サルモン


ご予約・お問い合わせ: 「レ セゾン」TEL.03-3539-8087(直通)

 

「アラン・パッサールとティエリー・ヴォワザンの 華麗なる饗宴」についての詳細は、PDFでもご覧いただけます。 (2018年02月28日・PDF450.0 KB)