帝国ホテルで楽しむ天神祭

帝国ホテル 大阪(総支配人:幸田雅弘、大阪市北区)では、毎年、日本三大祭の一つである天神祭にちなんだ展示やイベントを開催し、天神祭の魅力を広く紹介するとともに、ホテル全体で祭りを楽しんでいただけるようさまざまな企画をご用意しております。
本年も江戸時代から伝わる「御迎え人形」や、祭りに彩りを添える「鳳講子供(おおとりこうこども)みこし」の展示のほか、天神祭をテーマにした「第20回天神祭写真コンテスト作品展」を開催いたします。
また、7月24日(水)の宵宮には、ホテルのロビーにおいて、「天神講獅子(てんじんこうしし)」による獅子舞と傘踊りや、「鳳講子供みこし」の練り歩きが行われ、祭りの雰囲気が一層高まります。

 

天神祭にまつわる展示(昨年の様子)

 

 


天神祭にまつわる展示やイベントの概要


◆「御迎え人形」の展示

江戸時代の元禄期、大川下流の御旅所付近の氏子たちが、船渡御を迎えるために整えた御迎え船に飾られた豪華絢爛な人形。
大阪天満宮所蔵、大阪府指定有形民俗文化財。
本年展示する御迎え人形は『酒田公時(さかたのきんとき)』です。

【日 時】2019年7月3日(水)~7月下旬

【場 所】1階宴会ロビー

 

◆「鳳講子供みこし」の展示

天神祭の渡御列で、菅原道真公の御神霊をお乗せする御鳳輦(ごほうれん)とともに、野見宿彌(のみのすくね)と手力雄命(たぢからおのみこと)の御神霊をお乗せするのが鳳神輿と玉神輿です。
鳳講子供みこしは、その鳳神輿を忠実に再現したもので、祭に彩りを添えています。

【日 時】2019年7月5日(金)~7月24日(水)

【場 所】1階宴会ロビー

 

◆「第20回天神祭写真コンテスト作品展」

天神祭をテーマにした写真コンテストに応募いただいた作品展。
入賞・入選作品14点のオリジナルのほか、全作品(188点:縮小サイズ)も展示しています。

【日 時】2019年7月3日(水)~7月26日(金)

【場 所】1階宴会ロビー

 

◆「御迎え人形 置物」の展示

大阪天満宮所に伝えられる御迎え人形16体については、2002年の「菅原道真公千百年大祭」を機にミニチュアの京焼人形として謹製されました。その全16体を展示します。

【日 時】2019年7月3日(水)~7月26日(金)

【場 所】2階メインロビー

 

◆「天神講獅子」の獅子舞と傘踊り、「鳳講子供みこし」の練り歩き

天神祭宵宮の7月24日(水)、天神講獅子による勇壮な獅子舞と、色鮮やかな花笠を手に踊る傘踊り、そして元気いっぱいの鳳講子供みこしが、天神祭の熱気に包まれながらロビーを所狭しと練り歩きます。

【日 時】2019年7月24日(水) 12時頃~

【場 所】2階メインロビー

 

『帝国ホテルで楽しむ天神祭』についての詳細はPDFよりご確認ください。 (2019年07月04日・PDF578.8 KB)