キャリアを知る

TOPキャリアを知る > CAREER 02 帝国ホテル大阪 総支配人室 企画課長 小池

CAREER 02

お客様の感動をつくる。
そのために徹底的に考え、
動く。

|帝国ホテル大阪 総支配人室|
|企画課長 小池|

大学で都市開発のゼミに所属していた小池は、鉄道会社やデベロッパーを視野に入れて就職活動をしていたが、ホテルマンだった父の影響もあって、ホテルも選択肢に。だが、ホテル業界で受けたのは帝国ホテルのみ。「いちばんのところにしか行きたくなかったのです」と小池は語る。学生時代から会社四季報を読んだり、株取引の勉強をしたりしていたという小池は、「ホテル業としてというより、企業としての帝国ホテルに魅力を感じました」と振り返る。

CAREER STEP

  • 入社直後
  • 営業部
  • レストラン部 業務推進課
  • 大阪営業部 支配人
  • 大阪総支配人室 企画課長

CAREER STEP

CAREER STEP1999 入社直後

はじめての接客体験で、ホテル事業の原点を知る。

入社から約1年間は2つのレストランと調理場、合わせて3か所で研修を受けました。いわゆる現場研修です。上高地帝国ホテルのレストラン、日比谷のカフェレストラン「ユリーカ」、そしてルームサービスの調理とメインダイニングのオードブルなどを担当するキッチンです。学生時代には接客業のアルバイトもしていなかったので新鮮でした。総合コースで入社した同期にも、いわゆる接客経験者は少なかったように思います。どういう経歴であっても、こうして現場の経験を積ませるのが帝国ホテルの育成方法であるのだと思います。

CAREER STEP

CAREER STEP2000 営業部

企業のエポックメイキングな瞬間に立ち会うよろこび。

宿泊、会食、イベントなど帝国ホテルにはいくつもの商品があります。それらを企業や法人に販売するのが営業部時代の私の任務でした。
担当していたお客様は国内最大手の情報通信企業。トップの方から直接イベントの依頼を受けたり、お褒めの言葉をいただいたりするなど、やりがいを感じる機会も多々ありました。広告代理店とのコンペティションになるケースもあり、そのような時にはお客様のニーズと私たちの提供価値とをいかにつなぐか考え、提案をしました。営業業務の中では主流ではありませんが、顧客満足度をつねに最優先に考え、帝国ホテルならではの価値を織り込むことで高単価販売に結び付けることもできました。

CAREER STEP

CAREER STEP2009 レストラン部 業務推進課

全レストランの事業計画。数字で示す重要さを実感。

9年間の営業部経験を経て、レストラン部へ異動しました。業務推進課という、直営とテナント合わせて20のレストラン・バーすべての事業計画をつくるセクションでした。また、目標と実績のギャップを検討し、その解決策を企画する予実管理という業務も担当していました。売上データの分析によってマーケット動向を数値化し、販売促進案やメニュー・商品の開発も行いました。現場との打ち合わせで心がけていたのは、誰もが納得できる、しっかりした資料を提示することです。分かりやすい数字があることで、現場のスタッフも理解がしやすくなります。また、現場で大切にしている「おもてなし」の考え方も、帝国ホテルらしく、できる限り施策に反映するよう努めました。

CAREER STEP

CAREER STEP2013 大阪営業部 支配人

これまでとは違うやり方を、次々に実行していく日々。

管理職である支配人として、大阪営業部に配属されました。支配人とは一般的には所謂係の管理責任者のことを示します。大阪営業部には営業課、宴会課、センター調理課という3セクションがありましたが、全体の事業計画、販売促進計画、収支管理を任されました。営業部のその係には5人しかスタッフがおらず、仕事量としては本当に負荷の大きな日々でしたが、帝国ホテルが愛され続けるためには常に市場とマッチしている必要があります。何か新しいことを、という想いはいつもありました。ひとつは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®を運営する大阪の株式会社ユー・エス・ジェイ様とのアライアンス契約です。訪日外国人客をはじめとしたふんだんな観光資源を持つユー・エス・ジェイ様と、私たちのブランド力を融合させることで、互いにとってメリットがあるということを、丁寧にご提案し、最終的に双方で承認を得ることができ、契約を締結する運びとなりました。それから、社内的に業務効率の向上とお客様に対して最適な提案を行うために、新たなシステムの導入にチャレンジしました。手書きの伝票や資料をデータ化し、お客様の情報を社内で共有する仕組みです。今後は、法人営業向けにタブレットなどのスマートデバイスも導入し、さらに生産性を高めていく必要があると思っています。

CAREER STEP

CAREER STEP2014 大阪総支配人室 企画課長

帝国ホテル大阪開業20周年に向けて、さらに大きな視点で考える。

同じ大阪事業所にある大阪総支配人室に異動しました。企画課というセクションで経営企画、営業企画、広報、顧客管理など、全体のマネジメント業務を担当しています。営業部で行ってきたような取り組みを、全社に拡大していくことが求められているのだと自分なりに理解しています。ただし、業務範囲は以前に増して広くなったため、大変な面もあります。加えてWEBマーケティング、VIP接遇、役員秘書の管理、従業員向けの研修指導など、日々のその他の業務も実に多岐にわたります。何かひとつのことについての専門性を高めるというより、広い視野で課題を発見し、解決していくところがあるため、経営視点も養われています。帝国ホテル大阪は2016年に開業20周年を迎えます。そこに向けた大きなイベント企画も、少しずつ動きはじめています。

MESSAGE

いま日本は、国をあげて観光業に力を注いでいるところです。その一端を担うという意味で、ホテル業には社会貢献の面もあると思っています。帝国ホテルにはさまざまなお客様が訪れますが、共通していることは人生の大切な瞬間を過ごされるということ。お客様の人生を彩り、生涯を通じてお付き合いしていくことができる仕事。それが、私たちの誇りです。お客様の感動は、私たちの力であり宝物でもあります。ぜひ、一緒に日本の観光業を盛り上げ、世界最高のおもてなし、そして感動をお届けしていきましょう。

※所属部署は取材当時のものです。

>キャリアを知る TOPへ