社会貢献活動

帝国ホテルグループでは、社会貢献を当社の重要な使命であると考え、さまざまな取り組みを行っています。

地域への貢献、チャリティ、ボランティア活動

地域の一員として

帝国ホテル東京では、2013年に千代田区と帰宅困難者等受入協定を締結しました。
首都直下型地震が発生した場合、千代田区では最大震度六強、在勤・在学者等の帰宅困難者が50万人発生すると予測されています。帝国ホテルは東日本大震災の際の対応を教訓に、積極的に防災対策に協力しています。

千代田区と帰宅困難者等受入協定を締結

千代田区と帰宅困難者等受入協定を締結

地域のイベントへの参加

また、2003年より、毎年8月に開催されている「日比谷公園丸の内大盆踊り大会」は、日比谷の夏の風物詩として定着し、開催の2日間に約3万人が集まるイベントとなりました。日比谷公園の噴水を囲んで、多くの方々が盆踊りに参加しています。この大会に対して、帝国ホテルは第1回目から協力をしています。

日比谷公園丸の内大盆踊り大会

日比谷公園丸の内大盆踊り大会

エンタの街 日比谷 打ち水月間 ~日比谷の町をクールダウン~

※新型コロナウイルス感染症の拡大をうけ、2020年度の打ち水は実施いたしませんでした。

帝国ホテル東京の位置する日比谷は、古くから劇場、映画館、ホテルが立ち並び、「エンターテインメントの街」として様々な文化を発信してまいりました。
2011年、この日比谷にある5つの施設が連携し、初めて「打ち水」を実施しました。2019年は17施設が参加し、日比谷を訪れる方々を少しでも涼しくお迎えしようという「おもてなし」の気持ちを込めて、各施設のスタッフがそれぞれの施設において「打ち水」を行い、帝国ホテルからも様々な部署のスタッフが積極的に参加しています。途中、お客様が足を止めてご覧になることや、興味を持たれた外国人観光客から質問を受ける場面もあります。

<2019年 エンタの街 日比谷 打ち水月間概要>

実施期間
2019年7月23日(火) ~ 8月30日(金)の平日 17:00より約15分間実施(雨天・気温の低い日を除く)
参加施設
日比谷マリンビル(今治造船株式会社)、鹿島建設株式会社、シアタークリエ、帝国ホテル東京、東京都公園協会、東京宝塚劇場、東宝ツインタワービル、日生劇場、日本生命保険相互会社、日比谷U-1ビル、一般社団法人日比谷エリアマネジメント、日比谷公園大音楽堂、日比谷シャンテ、日比谷商店会、日比谷図書文化館、三井不動産株式会社、レム日比谷 (敬称略)

打ち水の様子

打ち水の様子

「上高地を美しくする会」への参加 ~美しい上高地の環境を次代へ継承~

上高地帝国ホテルでは、都会にはない静寂と、ここでしか見ることができない美しい自然を守るため、「上高地を美しくする会」の活動に参加し、清掃活動などを定期的に行っています。
「上高地を美しくする会」は、上高地内の協力会社、団体、関係官庁などの多くの会員によって結成・支援されている団体です。

活動への参加により、美しい上高地の環境保護に協力するとともに、環境配慮に対する従業員の意識向上を図っています。

上高地を美しくする会

地域との環境活動の推進

帝国ホテル大阪は、都心に豊かな水をたたえる大川のほとりに建ち、四季折々の自然の美しさを感じていただけるホテルです。その美しい景観を自分達の手で守るため、地域の清掃活動に参加しています。

<参加した取り組み>
天神祭 清掃ボランティア
大阪マラソン「クリーンUP作戦」

清掃ボランティア

寄付・募金活動

帝国ホテル東京において、2012年より開催している「帝国ホテル落語会」の売上の一部を「東日本大震災義援金」として寄付しています。帝国ホテル大阪では、定期的に開催しているチャペルコンサート「帝国ホテルの音楽會」の売上の一部を、寄付して社会福祉に役立てています。このほか、ロビーやイベント会場などに設置したチャリティーボックスの募金活動を行っています。2011年からは、東日本大震災への募金活動を継続しています。

2011年よりスタートしたベルマーク収集活動では、回収したベルマークを従業員が毎月集計し、震災や自然災害で被災した小・中学校に寄贈しています。

チャペルコンサート

チャペルコンサート

TABLE FOR TWOへの参加

世界の70億人の人口のうち10億人が飢えや栄養失調に苦しむ一方で、20億人が肥満など食に起因する生活習慣病を患っており、この深刻な食の不均衡を解消するために考えだされた日本発の社会貢献プログラムが「TABLE FOR TWO」です。
帝国ホテル 東京では、このプログラムに賛同し、2017年5月より基本週に一度、従業員食堂で対象メニューの提供を開始しました。カロリーを抑えた指定のヘルシーランチを従業員が食べることで、1食につき従業員から10円、帝国ホテルから10円の合計20円を、NPO法人を通じてアフリカ諸国やアジアの子どもたちの学校給食1食分として寄付しています。

TABLE FOR TWO

(c)TABLE FOR TWO

ボランティア活動

毎年、帝国ホテル東京、帝国ホテル大阪では、クリスマス時期にサンタクロースと従業員が、病院や養護施設などを訪問しています。

クリスマスの施設訪問

クリスマスの施設訪問

復興支援活動

帝国ホテルでは従業員による支援活動や寄付を通じて被災地の復興支援を行っています。

「料理ボランティアの会」活動

食を通じて被災地の復興を支援する一般社団法人「料理ボランティアの会」の活動に、田中料理顧問をはじめとする帝国ホテル調理スタッフが参加しています。

「美味しいものを食べて元気を出してください」という合言葉のもと、ジャンルを超えて料理人が協力し、チャリティ講習会・食事会を数回開催しました。都内会場や被災地へ赴き、料理を通じた交流を行っています。

料理ボランティアの会

料理ボランティアの会

被災地の食材を使ったメニューの提供

帝国ホテル東京の一部のレストランでは、震災で甚大な被害を受けた石巻より直送された魚介類を使ったメニューを提供しています。