帝国ホテル大阪のおせち料理

 帝国ホテル大阪(総支配人:幸田雅弘、大阪市北区)では、2018 年のお正月にお召し上がりいただく「帝国ホテル大阪のおせち料理」を販売いたします。

 

帝国ホテル大阪のおせち料理(イメージ)帝国ホテル大阪のおせち料理(イメージ)

 

 帝国ホテル大阪のおせち料理は、帝国ホテル伝統の洋食と、日本料理の老舗「なだ万」の和食を合わせた和洋二段重で、一年の始まりを華やか彩ります。
 洋食は帝国ホテルの西洋料理の伝統を受け継ぐ18 品、和食は見た目も美しい伝統的なおせち料理25 品と、全43 品もの豊富な品数をご用意いたしました。


 おせち料理は、もともと宮中の「お節供(おせちく)」の行事からきており、節日に神に供え物をしたのが始まりで、現在のような形になったのは江戸時代の後半といわれています。料理を作り置きするのは、年神様をお迎えし、その間は煮炊きすることを慎むことに由来しますが、現代では、お正月に忙しい家事から開放するためともいわれています。
 お正月には「普段離れて暮らしている家族や親族が集い、感謝と祈りをこめて新しい年を祝い、神様にお供えしたごちそうを皆でいただく」という本来の行事が見直されています。忙しく過ごす現代だからこそ、お正月は家族や友人との絆を確かめ合いたい、という思いからホームパーティを開く傾向があり、また家庭で作る機会も減り、洋風おせち料理のご要望も多く、ホテルメイドの高級おせち料理の人気が高まっています。

 

 「帝国ホテル大阪のおせち料理」の概要は下記の通りです。

 

「帝国ホテル大阪のおせち料理」の概要
【料 金】 56,160 円(消費税込) <要予約>
 ※3~4 人前
 ※お重サイズ:25cm×25cm×高さ6.5cn×2 段
【ご予約期間】 受付中~12 月25 日(月)15:00 まで
 ※ご予約締切日前に完売となる場合がございます。
【お渡し日時】 12 月31 日(日) 11:00~16:00
【お渡し場所】 宴会承り所(1 階)
【内 容】 全43 品

■一の重 全25 品 日本料理の老舗「なだ万」の和食
○栗甘露煮 ○田作り ○伊達巻 ○編笠柚子 ○花びら百合根 ○梅花人参 ○黒豆甘煮 ○紅白祝膾 ○小鯛笹漬 ○穂付筍含め煮 ○有平蒟蒻 ○牛蒡たまり煮 ○絹さや ○紅白小袖蒲鉾 ○松笠烏賊 ○干椎茸旨煮 ○鮑柔らか煮 ○鮭昆布巻 ○海老芝煮 ○数の子鼈甲漬 ○鰆西京焼 ○菊花蕪 ○花酢蓮根 ○鰊旨煮 ○真鱈旨煮

■二の重 全18 品 「帝国ホテル」伝統の洋食
○白ミル貝と蛤のゼリー寄せ キャビア添え
○トラフグと雲丹のゼリー寄せ
○オマール海老のゼリー寄せ マンゴーとアネットの香り
○鰻のバルサミコ風味 サザエ・筍・里芋と共に
○白ワイン風味の野菜
○国産牛フィレ肉のローストビーフ マルシャンドバンソース
○豚肉と鹿肉のパテと海老のパイ包み焼き
○赤キャベツのピクルス
○湯葉・三度豆・海苔と一緒に巻いたビーフロール
○仔牛肉で巻いたイベリコ豚のリエット
○フォアグラのムース 白ポートワインのジュレのクレープ巻き トリュフ入り
○ボルシチのゼリー寄せ
○ブロッコリーのマリネ
○ココナッツをまとったスモークサーモンのライム風味
○舌平目のチーズ巻き カダイフ仕立て
○帆立貝のスモークグリエ
○タラバ蟹と野菜のムース
○野菜のピクルス 柚子胡椒風味
※食材の都合により内容が変更になる場合がございます。

 

ご予約・お問い合わせ先
宴会イベント係 TEL.(06)6881-4650(10:00~19:00)

 

「帝国ホテル大阪のおせち料理」についての詳細は、PDFでもご覧いただけます。 (2017年11月08日・PDF369.8 KB)