食と音楽の華麗なコラボレーション「第4回帝国ホテル芸術祭」

 帝国ホテル 東京は、世界で活躍する指揮者 西本智実氏が芸術監督を務めるコンサートを帝国ホテル伝統のフランス料理と共にお楽しみいただく「第4回帝国ホテル芸術祭」を2019年2月3日(日)に開催します。

 

「帝国ホテル芸術祭」 芸術監督 西本智実氏

©堀隆弘

帝国ホテル芸術祭 芸術監督・指揮 西本智実氏

 

 

 今年で4回目となる「帝国ホテル芸術祭」は西本氏率いるイルミナートフィルハーモニーオーケストラの演奏に、テノール歌手・宮里直樹氏の歌声や、イルミナートフィルでコンサートマスターを務める中島麻氏のソロ演奏を加え、王道ともいうべきクラシック音楽の名曲をメインに構成されたコンサートをお届けします。コンサートを聴きながら、帝国ホテル総料理長田中健一郎が、当日演奏される曲にインスピレーションを得て考案したフランス料理のフルコースディナーをお楽しみいただきます。
 なお、今回のディナーコンサートには、阿川佐和子氏をお迎えし、音楽、食のコンテンツだけではなく、阿川氏と西本氏や総料理長の田中のトークショーもお楽しみいただけます。


 概要は次の通りです。

■第4回帝国ホテル芸術祭 概要
日 時 : 2019 年2 月3 日(日)
    17:30~       室内アンサンブル、食前酒
    18:00~20:30(予定)  コンサート、お食事
会 場 : 帝国ホテル 東京 孔雀の間
料 金 : お一人様 45,000 円 (サービス料・消費税込) ※フランス料理フルコース、お飲物付
主 催 : 株式会社帝国ホテル
芸術監督・指揮 : 西本智実
出演予定 :
阿川佐和子(お話)
中島麻(イルミナートフィルコンサートマスター)
宮里直樹(テノール)
イルミナートフィルハーモニーオーケストラ(管弦楽)
田中健一郎(帝国ホテル総料理長)
曲目(予定) :
『ハンガリー舞曲 第1番』(ヨハネス・ブラームス)
歌劇「トゥーランドット」より『誰も寝てはならぬ』(ジャコモ・プッチーニ)
『ツィゴイネルワイゼン』(パブロ・デ・サラサーテ)
『交響曲第4番より第4楽章』(ピョートル・チャイコフスキー) など
<西本智実(にしもと ともみ)プロフィール>

西本智実

©Akito Koyama

イルミナート芸術監督兼首席指揮者等。
名門ロシア国立響及び国立歌劇場で指揮者ポストを外国人で初めて歴任、約30 ヶ国より指揮者として招聘。2013 年よりヴァチカン国際音楽祭に毎年招聘され、2014 年にはヴァチカンの音楽財団より【名誉賞】が最年少で授与。受賞多数。
2015 年エルマウ(ドイツ)・2016 年伊勢志摩G7サミットに向け、日本政府が海外へ日本国を広報するテレビCM 及び日本国政府公式英文広報誌に国際的に活躍している日本人として起用。ハーバード大学院に奨学金研修派遣され修了。

帝国ホテル芸術コレクション

 

ご予約・お問い合わせ: 帝国ホテル 東京 宴会イベント係 03-3504-1255(10:00~17:00 ※土日祝除く)
※帝国ホテル ホームページからのご予約も承ります。

https://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/event/imperial_art_festival_concert.html

(PCまたはスマートフォン)

 

「食と音楽の華麗なコラボレーション『第4回帝国ホテル芸術祭』」についての詳細はPDFにてご覧ください。 (2018年11月13日・PDF462.6 KB)