スペイン産赤ワインの2011年ヴィンテージを帝国ホテルのオリジナルラベルで日本先行リリース「インペリアル グラン レセルバ 2011」

 帝国ホテルは、スペインを代表するワイナリー「C.V.N.E.」(クネ)が醸造した2011年ヴィンテージの赤ワイン「インペリアル グラン レセルバ 2011」を、オリジナルラベルで2018年11月1日(木)に日本で先行リリースし、販売・提供をいたします。

 

スーブロート・セザム・ノワール

帝国ホテルのオリジナルラベルで発売するスペイン産赤ワイン
「インペリアル グラン レセルバ 2011」

 

 一般的に、スペイン産の赤ワインはしっかりとした味わいで飲み応えがあると言われていますが、スペイン国王フェリペ6世の結婚式でも提供されたとされる「インペリアル グラン レセルバ」は、5年の熟成を経て芳醇な果実味に香ばしい樽の香りが感じられる、エレガントで柔らかみのある味わいが特徴です。スペインワインコンテストで優勝をした実績を持つソムリエの伊藤靖彦が現地でその深い味わいに感銘を受け、2016年より販売を開始いたしました。洋食・和食を問わずおすすめできるワインとして、2008年ヴィンテージは館内直営レストランの中でも、東京の本館中2階のメインダイニング「レ セゾン」や本館17階の鉄板焼「嘉門」において好評でした。

 2011年ヴィンテージは、「インペリアル グラン レセルバ」の特徴である香ばしい樽の香りや、ブラックベリーのジャムのような果実味と柔らかいタンニンの余韻がお楽しみいただける赤ワインです。
帝国ホテルでは、東京の直営レストランおよびバー・ラウンジ全店舗と大阪の23階「レ セゾン」、「ジャスミンガーデン」24階「嘉門」において提供するほか、帝国ホテル 東京 本館1階ホテルショップ「ガルガンチュワ」ならびに帝国ホテル 大阪2階ホテルショップで販売いたします。

 

 商品の概要は次の通りです。

■帝国ホテル オリジナルラベル赤ワイン「インペリアル グラン レセルバ」概要
販売開始 : 2018年11月1 日(木)より
限定本数 : 1,200本 ※完売次第終了
販売場所 : 帝国ホテル 東京
       本館1階 ホテルショップ「ガルガンチュワ」
       帝国ホテル 大阪
       2階 ホテルショップ
販売価格 : 10,000円 (消費税込)
------------------- * -------------------
提供店舗 :
帝国ホテル 東京の館内の直営レストランおよびバー・ラウンジ
帝国ホテル 大阪23階 フランス料理「レ セゾン」、
中国料理「ジャスミンガーデン」、24階 鉄板焼「嘉門」
提供価格 :
ボトル 14,000円、グラス 2,800円
(消費税込、サービス料別)
------------------- * -------------------
製 造 元 : C.V.N.E.(クネ)

ソムリエ 伊藤靖彦

ソムリエ 伊藤靖彦

 

「C.V.N.E.」(クネ)について
1879年に創業。会社名は "Compania Vinicola del Norte de Espana"日本語で「スペイン北部にあるワイン会社」の略。レアル・デ・アスア兄弟によって設立され、140年近い歴史を持つスペインを代表するワイナリーです。
スペイン王室御用達の「インペリアル グラン レセルバ」は、2004年ヴィンテージが2013年に、権威あるアメリカのワイン雑誌「ワイン・スペクテーター」で数千にも及ぶワインの中からスペインワイン初の年間No1に選出されるなど、国内外で高い評価を得ています。
なお、社名の通称「クネ」は創立当初にワインラベルに誤って「CUNE」と表示されたことからクネブランドが誕生し、以来「クネ」の愛称で呼ばれています。

 

「インペリアル グラン レセルバ 2011」についての詳細は、PDFでもご覧いただけます。 (2018年11月01日・PDF328.9 KB)