お知らせ

【帝国ホテル】ハワイ好き注目ハレクラニフェアから新作グルメ、スイーツなどレポート

【帝国ホテル】ハワイ好き注目ハレクラニフェアから新作グルメ、スイーツなどレポート
帝国ホテル 東京では、今年もハワイの名門ホテル「ハレクラニ」の味をお楽しみいただける「ハワイ ハレクラニフェア 2023」を6 月 30 日(金)まで開催中。館内のレストランやホテルショップ「ガルガンチュワ」には、フェア限定の新作グルメやスイーツが勢揃いしています。ハレクラニのロゴマーク入りのグッズは帝国ホテル オンラインショップでも販売しておりますので、来館いただけない方もぜひ、ご自宅でハワイの雰囲気をお楽しみください。

▶ ハワイハレクラニフェア2023はこちら

100年以上の歴史を誇るハワイ・ワイキキの名門ホテル「ハレクラニ」

【帝国ホテル】ハワイ好き注目ハレクラニフェアから新作グルメ、スイーツなどレポート

現在開催中の「ハワイ ハレクラニフェア 2023」をご紹介する前に、まずはハレクラニについて簡単にご紹介します。ワイキキビーチの中心に建つハレクラニは1世紀以上の伝統と歴史を持ち、世界中の賓客に愛されている名門ホテル。ハワイ語で「天国にふさわしい館」を意味するホテルの中には8つのレストラン&バーがあり、それぞれに豊かな個性を備えています。

フォーブストラベルガイドで最高位の5つ星を受賞するフランス料理店「ラ メール」は、ハレクラニが誇るオーシャンフロントのファインダイニング。ダイヤモンドヘッドとワイキキビーチを一望する「オーキッズ」は、「ホノルルマガジン」誌のグルメアワードを受賞したサンデーブランチが好評のオールデイダイニングです。

2022年秋にリニューアルした「ハウス ウィズアウト ア キー」は、ハワイアンミュージックやフラも楽しめるカジュアルダイニング。店名は作家のアール・デア・ビガーズが1925年にこの場所を舞台として書き上げた小説「ハウス ウィズアウト ア キー」に由来しており、昨年新たに併設された屋外バー「アールズ」は作家にちなんで名付けられました。「アールズ」では、アーネスト・ヘミングウェイが愛したカクテルなど、ハレクラニの歴史にちなんだカクテルが人気です。

ハレクラニではこれらのレストランやバー全般をとりまとめる総料理長、クリスチャン・テスタ氏の他にも、ハワイで注目を浴びるシェフが複数活躍しています。たとえばアレクサンドレ・トレンチャー氏はパリの名店で実績を積み、現在は「ラ メール」の総料理長を務めています。宴会部門を取り仕切るバンケット・イベントシェフのシェイデン・サトウ氏は、ハワイ最大の食の宴である「ハワイフード&ワインフェスティバル」や「ハワイ国際映画祭」のオスカーナイト ガラディナーで活躍している著名シェフです。 こうした才能あるシェフたちがそれぞれの実力を発揮するハレクラニは、ハワイを代表する美食のホテルでもあるのです。

2009年から続く帝国ホテル 東京の「ハワイ ハレクラニフェア」とは?

2009年から続く帝国ホテル 東京の「ハワイ ハレクラニフェア」とは?

毎年恒例の「ハワイ ハレクラニフェア」は、ハレクラニの食をお楽しみいただけるイベントです。2009年にこのフェアが始まったのは、同年に帝国ホテルとハレクラニが業務提携をしたことがきっかけでした。業務提携に伴い、宿泊予約センター※1の開設やスタッフ派遣※2などを通して交流が活発になり、日本にいながらにしてハレクラニの食や文化が楽しめるフェアを開催するようになったのです。以来、「ハワイ ハレクラニフェア」の期間中は帝国ホテル 東京の各レストランで特別メニューを提供するほか、ホテルショップ「ガルガンチュワ」でテイクアウト用のスイーツや総菜をラインナップ。

また「ガルガンチュワ」と帝国ホテル オンラインショップでは、エコバッグなどのグッズも扱っています。今年は本フェア全体のメニューを監修しているハレクラニのバンケット・イベントシェフ、シェイデン・サトウ氏による新作メニューや、ハレクラニとのコラボレーションアフタヌーンティー、ハレクラニのバー「アールズ」で人気のオリジナルカクテルをご提供します。また、帝国ホテル 東京のメインダイニング「レ セゾン」では、「ラ メール」とのコラボレーションディナーも開催。「今年こそは海外旅行を」という機運も高まる中、ハレクラニの味やハワイの食文化を帝国ホテルでお楽しみいただき、ひと足早くハワイ旅行の気分をお楽しみください。

※1 帝国ホテル ハレクラニ・リゾート予約センター フリーダイヤル 0120-489823(帝国ホテル 東京ではハレクラニ沖縄のご予約は承っておりません)
※2 帝国ホテルは2019年以降ハレクラニ沖縄への人材派遣も行っています

帝国ホテル 東京で開催中「ハワイ ハレクラニフェア2023」をレポート その1
4つのレストランで堪能できるハレクラニ コラボレーションメニュー

帝国ホテル 東京では「ハワイ ハレクラニフェア2023」の開催期間中、ハレクラニとのコラボレーションメニューを館内4つのレストランでご用意しています。各レストランの注目メニューをレポートします。

インペリアルラウンジ アクア

まずは日比谷公園の緑を臨むことのできる本館17階「インペリアルラウンジ アクア」からご紹介します。

インペリアルラウンジ アクア×ハレクラニ コラボレーションメニュー
「ハワイアンアフタヌーンティー with Halekulani」

「ハワイアンアフタヌーンティー with Halekulani」

ハレクラニのオリジナルレシピのスイーツやセイボリーを織り交ぜたアフタヌーンティーは、現地でも食すことのできない、本フェア限定のメニューです。

スタンドの最上段は、塩キャラメルガナッシュの塩味とダコワーズの食感のアクセントが効いた「マカダミアナッツ チョコレートムース」や、グアバピューレ入りのスポンジ生地にクリームチーズ入りのグアバクリームを絞った「グアバケーキ」など、ハワイのテイストを盛り込んだ4種類のスイーツです。

「マンゴーとリヒムイのメレンゲタルト」は、ハワイで好まれる甘酸っぱいリヒムイ(干し梅)パウダーをかけたタルト。ハワイ語でパイナップルという意味の「Hala Kahiki(ハラ・カヒキ)」は、パイナップルの甘味とココナッツの風味、ブリオッシュのサクサクとした食感が特長です。

2段目は、プレーンスコーンとグリーンスムージー、セイボリー2種の盛り合わせ。ハワイの定番メニュー"ロコモコ"をハレクラニオリジナルレシピで仕上げた「ロコモコ with フライドライスケーキ」や、濃厚なハニーナッツマヨネーズと酸味のあるハイビスカスジュレのハーモニーが楽しめる「海老のフリッター ハニーナッツマヨネーズ」は、いかにもハワイらしいテイストです。

最下段のセイボリーは、白身魚のフライとビーフパストラミに自家製タルタルを合わせた「サーフ&ターフバーガー」、ハワイで人気の前菜をアレンジした「ロミサーモン ハワイの海をイメージして」、サーフボードに見立てたパイナップルの皮にピンチョススタイルのプレフ(炙り)チキンを並べた「プレフチキン ピンチョススタイルで」の3種。

*「プレフチキン」と「マカダミアナッツ チョコレートムース」は、ホテルショップ「ガルガンチュワ」でもテイクアウト用にアレンジした商品を販売中です。

パークサイドダイナー×ハレクラニ コラボレーションメニュー
1【新作】「ハワイアン アヒポケ」

アヒポケ

今年の新作は、ハワイアンスタイルのマグロの前菜です。"アヒ"はハワイ語でマグロという意味。表面に焼き色をつけたマグロを海藻や玉ねぎ、ごまと合わせ、わさびドレッシングで和えたサラダと青のりパンを添えました。

パークサイドダイナー×ハレクラニ コラボレーションメニュー
2【新作】「トロピカルシーフードカレー」

カレー

海老や帆立、ズッキーニにカボチャ、パイナップルを飾った彩り鮮やかなカレーは、パイナップルの甘酸っぱさがアクセント。南国テイストの新作シーフードカレーです。

パークサイドダイナー×ハレクラニ コラボレーションメニュー
3「ロコモコ デミグラスソース フライドライスケーキと目玉焼き添え」

ロコモコ

「ロコモコ」はライスの上にハンバーグと目玉焼きを乗せ、グレイビーソースをかけたハワイ料理。それをアレンジし、小判型ライスを揚げ焼きにした"ライスケーキ"にハンバーグ、デミグラスソースと目玉焼きをのせた、新感覚のロコモコです。ニンニクやシラチャーソースを効かせてカリッと揚げ焼きにしたライスケーキの食感と、ジューシーなハンバーグ、目玉焼きのとろける黄身のハーモニーが楽しめます。

パークサイドダイナー×ハレクラニ コラボレーションメニュー
4「アヒと海老のシーフードバーガー リリコイチリマヨネーズのソース」

アヒと海老のシーフードバーガー

昨年も人気だった「アヒと海老のシーフードバーガー リリコイチリマヨネーズのソース」は、アヒ(マグロ)と海老とアボカドのシーフードパテを挟んだユニークなシーフードバーガーです。ほんのり甘いバンズにはポイ(タロイモ)パウダーが練り込まれており、リリコイ(パッションフルーツ)とシラチャーソース、マヨネーズで作ったフルーティーなソースが全体をピリッと引き締めます。

パークサイドダイナー×ハレクラニ コラボレーションメニュー
5「ハレクラニ ココナッツケーキ」

ココナッツケーキ

ハレクラニのシグネチャーケーキとして人気の「ハレクラニ ココナッツケーキ」を、フランボワーズソースを添えたハレクラニスタイルでご提供中です。「ハレクラニ ココナッツケーキ」は、本フェアで毎年人気のココナッツのシフォンケーキ。ホテルショップ「ガルガンチュワ」では、テイクアウト用にアレンジしたものを販売中です。

オールドインペリアルバー

本館中2階のメインバー「オールドインペリアルバー」では、昨年ハレクラニのプールサイドに誕生した屋外バー「アールズ」で人気のカクテル3種を、ハレクラニオリジナルレシピで提供しています。

オールドインペリアル バー×ハレクラニ コラボレーションメニュー

  • 「ハレクラニ マイタイ」
  • 「アールズ ダイキリ」
  • 「ル ミント」(ノンアルコール)
ココナッツケーキ

ラムをベースに、ライムジュースやオレンジキュラソー、アーモンドシロップなどを使用した「ハレクラニ マイタイ」(写真右)は、ハレクラニの代表的なカクテル。ハワイらしいトロピカルな味わいの一杯です。 「アールズ ダイキリ」(写真中)は、ホワイトラムをベースに、デメララシロップ※や柚子ジュース、ライムジュースを加え、シェイクして仕上げた「アールズ」を代表するカクテル。フルーティーかつコクのある味わいと、口当たりの良さが特徴です。 「ル ミント」(写真左)は、レモンジュースとソーダにミントをたっぷりと添えたカクテルで、ハレクラニのプールサイドでも人気。初夏にぴったりの爽やかな味わいです。
※デメララシロップ...デメララブラウンシュガーというサトウキビの粗糖を使用したシロップ

レ セゾン

帝国ホテル 東京 本館中2階のメインダイニング「レ セゾン」では、ハレクラニのフランス料理店「ラ メール」の総料理長アレクサンドレ・トレンチャー氏と、「レ セゾン」のシェフ ティエリー・ヴォワザンのコラボレーションディナーを5月30日(火)・31日(水)に開催しました。

ラ メール×レ セゾン コラボレーションディナー

ラ メール

「ラ メール」は、フォーブストラベルガイドの5つ星を受賞するファインダイニング。総料理長を務めるトレンチャー氏は、故郷フランスの名だたるレストランでシェフを務め、ミシュランの星獲得に貢献。2012年にハワイ ハレクラニに入社し、「ラ メール」にてハワイの伝統とライフスタイルを取り入れながら、食材への理解と確かな技術で季節の素材の魅力を引き出したフランス料理を提供しています。

9月13日(水)、14日(木)にはヴォワザンが渡米し、ハレクラニの「ラ メール」でコラボレーションディナーを開催する予定です。

▶ ハワイ ハレクラニフェア2023 レストランで開催中のイベントはこちら

帝国ホテル 東京で開催中「ハワイ ハレクラニフェア2023」をレポート その2
ホテルショップ「ガルガンチュワ」のハワイらしさを味わえるスイーツ&グルメ

ホテルショップ「ガルガンチュワ」では、ハワイらしさを感じられるスイーツを「パティスリー ガルガンチュワ」にて、惣菜とパンを「エピスリー ガルガンチュワ」にてそれぞれ販売中です。

ホテルショップ「ガルガンチュワ」のハワイらしさを味わえるスイーツ&グルメ
1「ハレクラニ ココナッツケーキ」

ココナッツケーキ

「ハレクラニ ココナッツケーキ」は、ふんわりしたシフォン生地にカスタードクリームとラズベリーソースを絞り、ココナッツをトッピングしたケーキです。初めてフェアを開催した2009年にハレクラニのレシピを譲り受けて以来、「ハレクラニらしさを味わえる」というお声とともに不動の人気を誇っています。現在のハワイ「ハレクラニ」で提供される「ハレクラニ ココナッツケーキ」は、アマレット風味のクリームやクレームアングレーズ(カスタードソース)でデコレーションされていますが、味わいは昔からほとんど変わっていません。

ホテルショップ「ガルガンチュワ」のハワイらしさを味わえるスイーツ&グルメ
2【新作】「マカダミアナッツ チョコレートムース」

ココナッツケーキ

マカダミアナッツのダコワーズ、塩キャラメルガナッシュ、口当たりのなめらかなチョコレートムースを重ね、グラサージュと金粉で艶やかに仕上げた新作です。マカダミアナッツの食感と塩キャラメルガナッシュの塩味をアクセントに効かせたケーキに、ハワイらしいマカダミアナッツチョコレートが添えられています。

ホテルショップ「ガルガンチュワ」のハワイらしさを味わえるスイーツ&グルメ
3【新作】「マカダミアナッツ チョコレートクロワッサン」

ココナッツケーキ

「マカダミアナッツ チョコレートムース」から着想を得て考案したクロワッサンです。マカダミアナッツと塩キャラメルガナッシュを閉じ込めたクロワッサンに、ビターチョコレートガナッシュ、カカオニブ、マカダミアナッツ、金粉をトッピングしました。マカダミアナッツとチョコレートの相性がハワイらしく、塩キャラメルガナッシュの塩味とバターの豊かな香りも楽しめる、贅沢なクロワッサンです。

ホテルショップ「ガルガンチュワ」のハワイらしさを味わえるスイーツ&グルメ
4【新作】「パイナップルブリオッシュ」

パイナップルブリオッシュ
パイナップルとココナッツを使い、ハワイをイメージして創作したパンです。サクッと軽いブリオッシュフィユテ生地に、ココナッツクリーム、パイナップルクリーム、角切りのパイナップルを重ね、ココナッツのメレンゲとタイムをトッピングして爽やかに仕上げました。火を入れて甘味を引き出したパイナップルのみずみずしさと、なめらかなクリームの口あたりが楽しめます。

ホテルショップ「ガルガンチュワ」のハワイらしさを味わえるスイーツ&グルメ
5「アサイーブレッド」

アサイーブレッド
「ハレクラニ ベーカリー&レストラン」 の初代ヘッドベーカーを2022年2 月まで務めた金城達弘氏が、ハワイで朝食やデザートとして親しまれている「アサイーボウル」をイメージして作ったパンです。アサイーのパウダーとピューレを練り込んだフランスパン生地には、ブルーベリー、クランベリー、ココナッツファイン※1、グラノーラ、くるみが混ぜ込まれており、表面にはほのかに甘いコーングリッツ※2をまとわせています。朝食にはもちろん、洋食のランチやディナーにもぴったり。昨年はホールのみの販売でしたが、今年はスライスも登場。スライス5枚分でホールの半分のサイズです。

※1ココナッツファイン...ココナッツの実を細かく削って乾燥させたもの
※2コーングリッツ...トウモロコシを挽いて作られた穀粒

ホテルショップ「ガルガンチュワ」のハワイらしさを味わえるスイーツ&グルメ
6【新作】「ハワイアンマカロニ ポテトサラダ」

マカロニポテトサラダ
色々なお料理に合う優しい味わいの「マカロニ ポテトサラダ」は、ハワイの定番サイドメニュー。茹でたマカロニとじゃがいも、ゆで卵を、フレッシュな玉葱、セロリ、人参とともにアメリカンマヨネーズで和えました。

ホテルショップ「ガルガンチュワ」のハワイらしさを味わえるスイーツ&グルメ
7【新作】「ノースショアスタイル ガーリックシュリンプ」

ガーリックシュリンプ
ニンニクとサラダオイルでマリネした海老に、パプリカパウダー、カイエンペッパー、全粒粉をまぶしてソテーし、レモン汁と塩、コショウで味をととのえました。プリプリとした海老の食感と、ガーリックの力強い香りが後を引く美味しさです。

ホテルショップ「ガルガンチュワ」のハワイらしさを味わえるスイーツ&グルメ
8【新作】「プレフチキンブレスト オニオンのピクルス添え」

プレフチキンブレスト」
ひと晩マリネした鶏むね肉を柔らかく真空調理し、表面にこんがり焼き目をつけ、さっぱりとしていながら食べ応えもある一皿に仕立てました。薫香をまとった醤油ベースの甘辛いソースと、甘みのある米酢でマリネしたレッドオニオンのピクルスと共にお楽しみください。

自宅に居ながらハワイの風を!
帝国ホテル オンラインショップでご購入可能なハレクラニグッズに注目

ハレクラニのロゴマーク入りのグッズは、「ハワイ ハレクラニフェア」で毎年ご好評をいただいている人気商品。帝国ホテル オンラインショップとホテルショップ「ガルガンチュワ」では、4種類のハレクラニロゴマーク入りグッズをご用意しております。

帝国ホテル オンラインショップで購入できるハレクラニグッズ
1【新作】「ハレクラニロゴマーク入り タンブラー」

タンブラー

表面にハレクラニのロゴマーク、裏面に帝国ホテルのロゴマークをあしらったタンブラーです。直接ドリンクを入れるのはもちろん、カップ入りのドリンクを入れてカップホルダーとしてもお使いいただける形状となっており、ドリンクの温度を長持ちさせることができます。

※完全保冷・保温ではございません。
※サイズ:口径8.5cm×高さ10.5cm 容量:約360ml

帝国ホテル オンラインショップで購入できるハレクラニグッズ
2【新作】「ハレクラニロゴマーク入り エコバッグ」

エコバッグ
表面にハレクラニのロゴマーク、裏面に帝国ホテルのロゴマークをあしらった爽やかな水色のエコバッグです。コンパクトに折りたためますので、普段からバッグの中に入れておかれてはいかがでしょうか。

※サイズ:縦32cm×横46cm×マチ22cm(サイズに持ち手は含まれません)

※ご好評につき完売いたしました。

帝国ホテル オンラインショップで購入できるハレクラニグッズ
3「ハレクラニロゴマーク入りオリジナルポーチ」
4「ハレクラニロゴマーク入りオリジナルトートバッグ」 

ポーチ」
トート
白のキャンバス地にハレクラニのロゴマークと水色の裏地が映えるオリジナルポーチとオリジナルトートバッグは、昨年の「ハワイ ハレクレラニフェア」でも人気を集めたオリジナルグッズ。ご好評につき、今年も帝国ホテル オンラインショップと、帝国ホテル 東京 ホテルショップ「ガルガンチュワ」で販売いたします。 「ハレクラニロゴマーク入り オリジナルポーチ」(写真左)は、化粧品などの小物を入れるのにちょうどよいサイズのポーチです。 「ハレクラニロゴマーク入り オリジナルトートバッグ」(写真右)は、正面にハレクラニのロゴマーク、裏面に帝国ホテルのロゴマークをあしらった帝国ホテルオリジナルのトートバッグ。A4サイズの書類を縦に入れることができ、マチも19cmと広いので使い勝手抜群。お買い物の際などの、普段使いのバッグとしておすすめです。

※サイズ:オリジナルトートバッグ 縦33.0㎝×横30.0㎝×幅19.0㎝、オリジナルポーチ 縦14.5cm×横20.0cm×幅6.0㎝

ハレクラニのグルメやオリジナルグッズが帝国ホテル 東京に集結する「ハワイ ハレクラニフェア2023」は、6月30日(金)まで開催中。オリジナルグッズの販売は売り切れ次第終了となりますので、ぜひお早めにお求めください。

※トートバッグはご好評につき完売いたしました。

最終更新日:2023.6.12

編集・文/小松めぐみ

▶ コラムTOPはこちら


帝国ホテルの3種のイタリアン「食べる冷凍スープ」をお取り寄せ。様々なシーンに活躍!

帝国ホテルの3種のイタリアン「食べる冷凍スープ」をお取り寄せ。
様々なシーンに活躍!

帝国ホテルでは、ご自宅で帝国ホテルの味をお楽しみいただけるお取り寄せスープを多数ご用意しています。 この度、そのラインナップに新たに3種類の冷凍スープが加わります。新作のイタリアン「食べる冷凍スープ」の特徴や召し上がり方を、帝国ホテルキッチン 料理長 下川明宏がナビゲートします。

最終更新日:2023.9.12

アイスバー

常備食やギフトにも。
かに、ふかひれなど帝国ホテル「雑炊スープ」で本格中華雑炊を

優しい味わいが人気の「雑炊スープ」は、帝国ホテル 大阪の中国料理レストラン「ジャスミンガーデン」が監修した雑炊用レトルトスープです。全3種類のスープの特徴や、雑炊を美味しく仕上げるコツを、帝国ホテル 調理部 中国料理統括シェフ 畑繁良がナビゲートします。

最終更新日:2023.7.31

アイスバー

【帝国ホテル】スイーツギフトでも人気急上昇。
帝国ホテル「アイスバー」、パティシエに聞くこだわり

美しいビジュアルが目を惹き、口にした方々を虜にする帝国ホテルの「アイスバー」。今回は、その開発秘話や4種類のフレーバーそれぞれの魅力、人気を集める秘密などを、監修を務めた帝国ホテル 東京のパティシエ・西川広三がナビゲートします。

最終更新日:2023.7.11

ご自宅で楽しむ帝国ホテルのカレー

ご自宅で楽しむ帝国ホテルのカレーに
本格スパイス香る新作が登場!ダルやキーマも

開業以来 130年以上の歴史がある帝国ホテルのカレーは、バラエティ豊かなメニューを展開してまいりました。今回は、帝国ホテル オンラインショップでもお取り寄せ可能なスパイス香る新作カレーを、商品開発に携わった帝国ホテルキッチン料理長 下川明宏のコメントとともにご紹介します。

最終更新日:2023.3.16

マイインペリアルご登録者限定のご優待券の他、季節のお知らせや最新情報をメールにてお知らせいたします。