お知らせ

帝国ホテルのお取り寄せクリスマスケーキ、あえて「冷凍」という選択がおすすめの理由

帝国ホテルのお取り寄せ冷凍ケーキ

帝国ホテル オンラインショップの今年のお取り寄せクリスマスケーキは、上質な栗の風味を生かした毎年定番の「クリスマスマロン」と、新作の「ホワイトクリスマス」です。あえて冷凍でお届けする2つのケーキの魅力を、帝国ホテル 東京 エグゼクティブペストリーシェフの望月 完次郎に聞きました。

▶ 帝国ホテルオンラインショップはこちらから

きれいにカットしやすく日持ちもする冷凍ケーキは、おとりよせに最適

帝国ホテルの2021年クリスマスケーキ「クリスマスモンブラン」と「ホワイトクリスマス」

お取り寄せケーキは大きな箱を持ち運ぶ必要がなく、味わいも生ケーキに匹敵することから、年々人気が高まっている商品です。帝国ホテル オンラインショップで2021年11月1日からご予約を承る2種類のクリスマスケーキは、どちらも帝国ホテルが約20年前から培ってきた技術で作られたたもの。ホール状の生ケーキをきれいに切り分けるのは難しいものですが、帝国ホテル 東京のエグゼクティブぺストリーシェフ、望月 完次郎は「凍っている状態であれば誰でも簡単に切ることができる」と言います。美しくカットするコツは、大きめの包丁をお湯で温めて一気に切ること。望月はまた、次のようにも語ります。

「ケーキが届いたら凍っている状態で全部切り分け、召し上がる分だけ解凍して残りは冷凍庫で保存するのがおすすめです。そうすればすぐに食べ切る必要がありません」 ひと切れずつラップなどで包み、箱から出して保管すれば、冷凍庫のスペースを取ってしまう心配もありません。 「1人暮らしの方や少人数のご家庭でもホールケーキをおとりよせして楽しんでいただけるのは、冷凍ケーキならではのメリットです」

上質な栗とチョコレート、生クリームが三重奏を奏でる「クリスマスマロン」

クリスマス マロン
クリスマス マロンの断面

帝国ホテルのおとりよせクリスマスケーキのひとつ「クリスマスマロン」は、毎年クリスマスの時期に登場する人気商品。カットした渋皮栗と生クリームをスポンジ生地でサンドし、渋皮栗や生クリーム、ナッツ、チョコレートを飾ったケーキです。表面にたっぷりと絞ったクリームは、ホテルのレストランで提供している「和栗のモンブラン」と同様に和栗をすりつぶし、カスタードとバターを合わせたもの。「雑味のない濃厚な味わいを引き出すため、蒸した和栗の殻を手作業で剥き、渋皮を取り除いて用いています」と望月は言います。このケーキは解凍したての冷たい状態だと栗の香りが十分に立たないため、冷蔵庫で10~12時間解凍をしてお召し上がりください。

ホワイトチョコレートと果実のハーモニーがなめらかに広がる「ホワイトクリスマス」

2021年の新作ケーキ「ホワイト クリスマス」
2021年の新作ケーキ「ホワイト クリスマス」の断面
もう一方の「ホワイトクリスマス」は、つややかなホワイトチョコレートのグラッサージュを赤いラインとグロゼイユ(赤すぐり)が彩る、エレガントな新作ケーキ。ベルギー産ホワイトチョコレートのムースの中で層を成すのは、フランボワーズのジュレと苺のムース、しっとりなめらかなスポンジ生地です。ケーキの縁にはローストピスタチオを飾り、食感のアクセントを楽しめるように仕立てました。なめらかな口溶けとホワイトチョコレートのまろやかな甘み、赤い果実の甘酸っぱいアロマをお楽しみください。
PROFILE
帝国ホテル 調理部 エグゼクティブぺストリーシェフ
望月 完次郎

1978年帝国ホテル入社後、パティシエとして活躍。クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー フランス大会(1987年)の日本代表を務めるなど、海外でも実績を積む。2010年には「現代の名工」を受章。

帝国ホテルエグゼクティブペストリーシェフ 望月完次郎

▶ コラムTOPはこちら