研修制度

TOP 採用を知る > 研修制度

■研修制度

人材育成

帝国ホテルでは、人材育成部を設置し、体系的な人材育成と、自発的にキャリア開発に取り組むスタッフを支援するしくみ作りを推進しています。

〈新入社員育成〉

新入社員研修では、帝国ホテルスタッフとしての基本的な知識、おもてなしの考え方と行動について学びます。さらに入社1年前後に、2度にわたるフォロー研修を行っています。

〈帝国ホテルスタッフとしての基本技能向上〉

全スタッフを対象に、選択型の語学研修、介助支援者研修、職場のリーダーを育成する研修などを実施しています。また各部門では、必要に応じて、専門的な知識や技能を高めるための研修を行っています。

〈次世代リーダー育成〉

次世代リーダー育成の一環として、海外留学から企業単位での異業種交流まで、幅広い社外派遣を進めています。(応募制、指名制)

〈階層別研修〉

組織の視点を養い、チームを運営していくために必要な考え方と方法を、社内資格に応じて修得します。

〈自己啓発支援〉

資格取得の奨励や通信教育の援助など、帝国ホテルスタッフが成長を目指して、自ら行動できるよう環境を整えています。

〈キャリア・コースに応じた人材育成〉

●総合コース
ひとつの部門で知識や技能を身につけると同時に、将来的に企業経営に携わる人材として、幅広い知識を得て、視野を広げるため、経験や能力に応じて、社内外における能力開発のチャンスがあります。またジョブ・ローテーションも行っています。

●専門コース
職種別の教育を通じて、専門的な知識や技能を身につけます。またプロフェッショナルとしての経験や能力に応じて、社内外における能力開発のチャンスがあります。

両コースとも「自己申告書(年1回)」制度で、自身のキャリアや異動希望について申告することにより、適性に応じたキャリアプラン設計を目指します。

外国語・留学サポート




〈語学研修〉

海外から常に多くのお客様をお迎えしているため、語学研修には特に力を注いでいます。レベル別の英語研修クラスやTOEICの社内受験、フランス語研修、中国語研修など、職種や語学力に応じて受講することができます。

〈海外留学奨励制度〉

留学・研修のプランを自ら提案、応募する方式です。合格者(勤続3年以上)は最長1年間、海外の大学やホテルで、企業経営に関する知見を得る、あるいはプロフェッショナルとしての知識や経験を広げるための留学ができます。学費や渡航費等だけでなく、留学中の給与・賞与が支給される帝国ホテル独自の制度です。