人と仕事を知る

TOP人と仕事を知る > レストラン部 料飲三課 インペリアルバイキング サール

レストラン部 料飲三課
インペリアルバイキング サール

全員でひとつのものを
つくりあげる仕事。

| 2011年 | 専門コース入社 |

入社→上高地帝国ホテル レストラン→現部署

私は、ブフェレストラン『インペリアルバイキング サール』で、レセプションニストとして勤務しています。電話対応や会計、お席までのご案内などがおもな職務です。

帝国ホテルを利用されるお客様は、大きな期待を持ってご来店されます。「お客様の大きな期待に応えるというプレッシャーの中で働くことが自分の成長に必ずつながるだろう。」という気持ちが私の志望動機でした。レセプションニストは、直接または電話を通して多くのお客様と接する仕事ですので、自らの提案や気づきがお客様の満足や喜びに繋がる場面を目にすることができます。そのときの嬉しさは言葉では言い尽くせません。ご利用、お問い合わせをいただくお客様は数多くいらっしゃいますので、限られた時間のなかで、どれだけ多くのお客様に喜んでいただけるかが今後の課題です。

お客様から料理の感想を伺う機会も多いのですが、「変わらない味で安心した」とお声がけいただくこともあれば、「新しいメニューが美味しかった」とおっしゃっていただくこともあります。守り続けている伝統の味と、お客様を飽きさせない新しい味、そのどちらもがお客様を感動させる大切な要素なのだと日々感じます。これは帝国ホテルが大切にしている「伝統と革新」の理念そのものです。料理だけではなくレストランのすべてのサービスに、そして、レストランだけでなく帝国ホテルのすべてのサービスに、この想いが宿っているのだと思います。それを実践するためには、全員でひとつのものをつくりあげていくという気持ちが大切だと感じています。私もその一員として、先輩の接客や話術を学び、おもてなしすることで、帝国ホテルのファンを増やしていきたいと考えています。

「帝国ホテルで働いてよかった」と思うのは、とても「人」に恵まれた環境であることです。尊敬する先輩方からさまざまなことを学べますし、たくさんのお客様に出会うこともできます。お客様のなかには、長年帝国ホテルを愛用してくださっていて帝国ホテルのことをよく知っている、顧客の方が大勢いらっしゃり、教わることもたくさんあるのです。
皆さんが入社される時には、すこしでも成長した姿で皆さんをお迎えしたいと思っています。

>> 1day Schedule(この日は遅番シフトでの勤務)

  • 14:45 出社
    当日の予約状況や引き継ぎ事項の確認。
    電話対応や旅行会社等から来る予約依頼書類などの処理
  • 16:40~17:25 休憩
  • 17:15 ミーティング
    スタッフ全員で当日の予約の読みあわせや連絡事項の伝達を行う
  • 17:30 ディナータイムオープン
    扉を開けオープンのお知らせをする。
    お客様をお席までご案内する「伝票のチェックおよび会計」か「電話対応および各書類等の処理」のどちらかを行う(1日ごとに交代)
  • 23:00 退社

※所属部署は取材当時のものです。