人と仕事を知る

TOP人と仕事を知る > 管理部 資材課 購買

管理部 資材課 購買

つねに、帝国ホテルの
「物」の流れを円滑に。

| 2013年 | 総合コース入社 |

入社→上高地帝国ホテル レストラン→現部署

私は、資材調達の部署である管理部に所属しています。その中で、担当しているのは購買という業務です。ホテルを営業していくうえで必要になる備品や消耗品を購入するのが仕事ですが、食材、飲料、雑貨など品目はとても多彩です。私が担当しているのは客室のタオルやシャンプー類、レストランのナプキンといった雑貨です。帝国ホテルは931室もの客室を抱え、レストラン、バー・ラウンジ等はテナント含め20近くあります。そのため、一日当たりの購入金額も相当な額になります。価格、納期、ロット(数)など、外部取引先との交渉はもちろん大変ですが、現場との間を橋渡しする役目なので、コミュニケーション力が問われる仕事だと思います。中には緊急対応のようなケースもあるため、緊張感を持ちながら日々働いています。

購買業務はさまざまな企業にも存在する仕事ですが、状況を瞬時に理解し、解決策を模索し、相手の立場に立ってやり取りをするという点では、ホテルマンとしての姿勢が染み付いていると思います。ですので、帝国ホテルの一員であるという意識は常に大切にしています。そうした姿勢が影響しているのはわかりませんが、取引先の方々に助けていただくことも多いです。繁忙期に、レストランのコーヒーミルが壊れてしまったことがあるのですが、メーカーに至急代替機の手配をお願いしたところ、当日の夜に手配いただくことができました。通常では考えられないスピードで、時間外の対応をしてもらえたことは、日頃の関係性があってこそだったのではないかと思います。もちろんその関係性は、一朝一夕には築けません。長年にわたって取引を続けてきたという絆、帝国ホテルブランドの信頼感が生きていると感じます。

働く場所として帝国ホテルを考えると、非常に風通しが良い職場だと思います。私をはじめとした若手には、挑戦の機会が多く与えられています。社内研修や資格取得のためのサポートも充実しているため、自分に意欲さえあれば、成長のためのきっかけはたくさん会社にあるという環境です。私は大学では地球科学を専攻していたので、全く別の分野ですが、志の部分に共感して帝国ホテルで働くことを決めました。また、ホテルには本当にさまざまなお客様がいらっしゃるので、いつか地球科学の知識がどこかで生かされる場面もある気がしています。どんな経験も、生かすことができるのがホテルという場だと感じています。

帝国ホテルは、企業理念にもあるとおり、国際的ベストホテルを目指しています。そこに向かって、語学力や国際的な視点を兼ね備えることがいまの私の目標です。購買業務では、雑貨だけでなく食材や飲料などさらに幅広く知識を深め、帝国ホテルの「物」の流れ全体をしっかりと把握できるようになりたいと思っています。

>> 1day Schedule

  • 8:30 出社
    空き瓶の整理が
    朝の日課
  • 9:00 情報のシェア及び
    業務報告
  • 11:00 取引先との打ち合わせ
  • 12:30-13:30 昼食
    従業員食堂にて
    先輩と一緒に
  • 14:00 現場での確認
    発注相談のため、
    現場で他部署の
    担当者とともに
    品物を確認
  • 15:00 発注業務
  • 18:00 <退社

※所属部署は取材当時のものです。